日本一のにんにくアラビアータ @東池袋「パスタ ケイ」がダレトクで紹介

東池袋のパスタ屋さんで毎月29日限定で提供される「日本一のにんにくアラビアータ」が、8月15日放送『有吉弘行のダレトク』で紹介されるようです。お店は「Pasta e Vino Kei(パスタ エ ヴィノ ケイ)」さんというJR大塚駅近くのお店です。

では「日本一のにんにくアラビアータ」とはどのようなものなのでしょうか。

広告

東池袋「パスタ ケイ」がダレトクで紹介


東池袋「パスタ ケイ」の日本一のにんにくアラビアータが紹介されるようです

東池袋「パスタ ケイ」の日本一のにんにくアラビアータが紹介されるようです

Keiという名前のパスタ店「Pasta e Vino Kei(パスタ エ ヴィノ ケイ)」さんが、8月15日放送『有吉弘行のダレトク』で紹介されるかもしれません。

予告では「ダレトク!やりすぎグルメ 真夏のニンニクツアー」と書かれており、サンドウィッチマンの二人がニンニクを使った料理を食べ歩くという企画です。

その中で、一人前のパスタと同量のニンニクを使用した「日本一のニンニクアラビアータ」が登場するとあるのですが・・・・

思いつくお店は東池袋のパスタ店「パスタ エ ヴィノ ケイ」さんです。

こちらには「日本一のにんにくアラビアータ」というメニューが期間限定で存在しているのです。

日本一のにんにくアラビアータ

日本一のにんにくアラビアータ」は毎月29日にのみ提供されるメニューです。

予告でも「一人前のパスタと同量のニンニクを使用」とあるのですが、パスタ120gにニンニク120gというオリジナルパスタになっています。

29日が「ニンニクの日」ということで行っているメニューで、他店がやらないことをやってみたということで始めたそうです。

この「他店がやらないこと」というのは大事なことで、こういうのがテレビで取り上げられたりするので参考にすべきでしょう。

パスタ エ ヴィノ ケイ(Pasta e Vino Kei)

さて「パスタ エ ヴィノ ケイ(Pasta e Vino Kei)」さんの場所ですが、東池袋なのでJR「大塚駅」の方が最寄になります。

春日通り沿いでサンシャインシティのちょっと大塚駅寄りにあるお店です。

このあたりは豊島区で、オフィス街というよりもマンション街という立地です。そのため、飲食店も多い場所で学生時代には自転車でよく行ったものです。

東京都豊島区東池袋4丁目41−27
営業時間:11:30~14時、18時~22時
定休日:月曜
URL:http://pastaevinokei.com/

有吉弘行のダレトク 8月15日 予告


有吉弘行のダレトク 8月15日 予告は以下の通りです。

“没メニューレストラン”今回は「はなまるうどん」が登場!有吉らが絶賛し期間限定販売が決定したメニューとは?1週間好きなモノだけを食べ続けたら体重はどうなる?検証
没メニューにスポットを当てる「没メニューレストラン」では、「はなまるうどん」の“没になったメニュー”5品がスタジオに登場。スタジオメンバーで試食して、一番おいしかったものが期間限定で販売される! 好きなモノばかりを食べたらどうなってしまうのかを検証する新企画「ダレトク好きなもの三昧」では、脇知弘がラーメン、信江勇がハンバーガー、平子祐希(アルコ&ピース)が揚げ物だけを1週間食べ続け、どれだけ体重が変化するかを調査する。1週間後の驚きの結果とは!? 「ダレトク!やりすぎグルメ 真夏のニンニクツアー」では、高血圧の伊達みきお(サンドウィッチマン)が、血圧を抑える効果のある成分を含むニンニクを使った料理を食べ歩く!一人前のパスタと同量のニンニクを使用した「日本一のニンニクアラビアータ」など登場!


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。