丸孫商店 @青梅市 3Dで楽しめる謎ラーメン『有吉弘行のダレトク』で紹介

3Dで楽しめる謎ラーメン『有吉弘行のダレトク』で紹介されます。紹介されるのは「丸孫商店(マルソン)」さんという青梅市にあるラーメン店の限定「3Dラーメン」です。スープとトッピングの材料が同じというのが3Dの意味とのことです。

では、話題の「丸孫商店(マルソン)」さんはどこにあるのでしょうか?

広告

3Dで楽しめる謎ラーメン『有吉弘行のダレトク』で紹介

今日の一杯#ラーメン#特製魚貝煮干し中華そば#河辺#丸孫商店

hide32HRさん(@hide0932)がシェアした投稿 –

東京都青梅市にあるラーメン店丸孫商店(マルソン)」さんが、5月9日放送『有吉弘行のダレトク』で紹介されます。

全国の一風変わったラーメンを紹介する企画「ラーメン王・石神と行く!ダレトク謎ラーメン」のコーナーでの紹介で「大迫力!3Dで楽しめる謎ラーメン」を紹介するとのことです。

紹介されるのは「丸孫商店」さんの限定メニューだと思われます。

3Dラーメンとは?


3Dラーメンとは立体で楽しめるラーメンのこと

3Dラーメンとは立体で楽しめるラーメンのこと

では、この「3Dラーメン」というのは、どのようなものなのでしょうか?

・スープの食材とトッピングが同じラーメンのこと
・スープは2Dだが、トッピングは3D
・ラーメンの味そのものはトッピングで楽しめることから3Dラーメンという

要するに「立体で楽しめるラーメンのこと」なのですが、スープの味を構成する材料がトッピングでも使われており、ラーメンの味がトッピング(3D)で楽しめるというラーメンのことです。

丸孫商店(マルソン)

では、話題の「丸孫商店(マルソン)」さんはどこにあるのでしょうか?

場所は、JR青梅線「河辺駅」から徒歩10分くらいのところで住宅街の中にあるラーメン店です。

基本的には昼営業のみですが、水曜と土曜のみ夜営業もしているようです。

広告


お試し 最安値に挑戦 国産 牛ホルモン 専門卸店の 九州産 和牛 鹿児島産 宮崎産 ギアラ 赤センマイ 300g×2 計 600g 業務用 B級グルメ 味付けと味なしが選べる あっさり ホルモン もつ鍋 焼肉 に

東京都青梅市野上町4丁目9−28
営業時間:11時~15時、17時~21時(水曜・土曜のみ夜も営業)
定休日:木曜

有吉弘行のダレトク 5月9日 予告


有吉弘行のダレトク 5月9日 予告は以下のとおりです。

人気回転ずし「スシロー」で没になったメニューの中から有吉らが試食し選んだ1品が期間限定復活!「キモうまグルメ」は電流ビリビリモンスターを試食し朝比奈彩がもん絶
日の目を見ず没になったメニューにスポットをあてる新企画「没メニューレストラン」では、業界ナンバー1の人気回転ずしチェーン「スシロー」の“没メニュー”を取り上げる。昨年、約500品あったという“没メニュー”の中から、商品開発チームが特に自信のある5品を厳選。スタジオメンバーが試食し、一番おいしかったものを5月10日(水)から期間限定で販売する。  「キモうまグルメIN THE WORLD」では、永野と藤田ニコルが生物ライター・平坂寛氏と共に、神奈川・相模湾で“敵を感電させる電流ビリビリモンスター”の捕獲に挑む。船で沖に出た2人は、網で引き揚げられたターゲットを見て絶叫!そして実際に電流のビリビリを体感し、その発電器官を刺し身で試食する2人。果たしてお味は?  さらに山梨・上野原市の桂川では、淡水に生息する国内最大級の二枚貝“ドブガイ”の捕獲に挑む。その名前を聞いて「オワタ…」と肩を落としながらも川底をスコップですくっていく藤田が、ターゲットを発見!さっそく食べようとするも、あまりの臭さになかなかはしが進まない2人を見て、スタジオメンバー大爆笑! 全国の一風変わったラーメンを紹介する「ラーメン王・石神と行く!ダレトク謎ラーメン」では、ラーメン王・石神秀幸と調査員・吉川正洋(ダーリンハニー)が菊地亜美と共に、東京・青梅市の“大迫力!3Dで楽しめる謎ラーメン”を調査。


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。