20歳未満お断りのラーメン @東京・練馬区「麺や 河野」が『ダレトク』で紹介

20歳未満お断りのラーメン「テキーラ使った塩ら~めん」が食べられるという東京・練馬区のラーメン店「麺や 河野」さんが2月28日放送の『有吉弘行のダレトク』で紹介されるようです。ラーメン王・石神秀幸さんと草刈正雄さんの娘・紅蘭さんが予告で食べていました。

未成年は食べられないラーメンというのはたまにテレビで見かけますね。

広告

20歳未満お断りのラーメンが『有吉弘行のダレトク』で紹介


20歳未満お断りのラーメンが『有吉弘行のダレトク』で紹介

20歳未満お断りのラーメンが『有吉弘行のダレトク』で紹介

2月28日放送『有吉弘行のダレトク』では、ラーメン王・石神さんが推薦する「20歳未満はお断りの謎ラーメン」を紹介すると予告されていました。

20歳未満お断りのラーメン?

予告では見たことがあるラーメンが映っていたのですが、20歳未満お断りというのはテレビでもよく紹介されるネタで「アルコールの入ったラーメン」のことです。

こういったラーメンがテレビで紹介されることが過去あったりしました。

今回は、東京都練馬区中村橋にある「麺や 河野」さんのメニューに「R-20指定」と書かれたラーメン「テキーラ使った塩ら~めん 930円」が紹介されます。

醤油ら~めん 750円
塩ら~めん 750円
テキーラ使った塩ら~めん 930円

麺は平打ち手もみ麺(ピロピロ麺)、パクチー・ライムのトッピングに・・・・

テキーラのスープというラーメンです。

麺や河野 基本情報

麺や河野」さんがあるのは、練馬区の中村橋というところです。

池袋駅から乗れる西武池袋線で「中村橋駅」まで行き、南口を出て、大通りをまっすぐ南へ行くとあるお店です。

駅前の商店街通りを歩いていくと「読売新聞」の販売店があるのですが、その交差点左のところです。

東京都練馬区中村3丁目3−13−10
営業時間:11:30~14時、17時~20:39
定休日:火曜、月曜夜
Twitte:https://twitter.com/menya_kouno

Twitterの口コミや感想

有吉弘行のダレトク 2月28日 予告


有吉弘行のダレトク 2月28日 予告は以下のとおりです。

極寒の地でしか食べられない絶品グルメで幻の納豆が登場!ニコル&小峠が“舐められて一番気持ちのいい動物”を調査!ラーメン王・石神推薦20歳未満はお断りの謎ラーメン
極寒の地でしか食べられない絶品グルメを調査する「ダレトク!? 極寒グルメ」では、永野とラブリが山形県大蔵村へ。道なき雪原の中を歩き、30分歩いてたどり着いたのは凍った池。ターゲットは凍った池の泥の中にいると聞き、さっそく2人は冷たい泥の中に足を踏み入れることに。どんな生き物が潜んでいるのか!?また、永野は“極寒グルメ”を求め岩手県西和賀町へ。それは一切市販されていない雪を使った幻の納豆だという。幻の納豆のお味は!? さらに!藤田ニコルと小峠英二(バイきんぐ)が“舐められて一番気持ちのいい動物”を調査するため千葉県の動物園に。カンガルー、ニシキヘビ、ゾウなど様々な動物を調査。2人はエサを手のひらに乗せて舐められ心地を体感する。はたして2人は無事に調査を終え、一番舐められて気持ちのいい動物を調べることができるのか?全国各地の珍しいラーメンを調査する「ラーメン王・石神と行く!ダレトク!?謎ラーメン」では、ラーメン王・石神秀幸と調査員・吉川正洋(ダーリンハニー)が、ゲストの紅蘭と共に、石神推薦の“超アゲアゲになるラーメン”を調査するため東京・練馬へ。ひと口試食した紅蘭は「何これ~!上がりました!!」と大興奮。20歳未満は注文できないというラーメンの中に入っているものとは!?


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。