ラーメンダイニング絆の大銀河ラーメン『ダレトク』で紹介

ラーメンダイニング絆さんの大銀河ラーメン『ダレトク』で紹介されるようです。千葉県四街道市にある地方のラーメン店ですが、ユニークなメニュー開発で多くのメディアで紹介されているお店です。

特に巨大チャーシューをどんぶりに敷き詰めたラーメンが注目を浴びています。

広告

超デカ盛りチャーシューがのった大銀河ラーメンが『ダレトク』で紹介


千葉県にあるチャーシューで敷き詰められたラーメンが『ダレトク』で紹介

千葉県にあるチャーシューで敷き詰められたラーメンが『ダレトク』で紹介

2月14日放送『有吉弘行のダレトク』で千葉県四街道市にあるユニークなラーメンを開発している松本健児さんが紹介されるようです。

予告ではラーメンどんぶりの全面に丸いチャーシューが敷き詰められたラーメンが紹介されており、テレビでよく紹介される「ラーメン絆」さんで間違いないでしょう。

こちらは以前も、もえあずさんが3kgのチャーシュー麺に挑戦していたお店です。

デカチャーシュー
肉5種入りらーめん
チャーシュー流星群
チャーシュー大流星群
チャーシュー銀河
チャーシュー大銀河

チャーシュー盛りは好みの量にできるようですが「銀河や流星群」といった名称で大きさが異なってきます。

今回紹介されるのは「チャーシュー銀河」という厚みが3センチ重さは約600gほどのチャーシューの塊がのったラーメンで、どんぶりが完全にフタされるようにチャーシューが入っているラーメンです。

ラーメンダイニング絆 基本情報

ラーメンダイニング絆さんですが、もともとは「麺道場」というフランチャイズのラーメン店でしたが、同じ場所で屋号のみを変更し現在は「ラーメンダイニング絆」として営業されています。

千葉県の特産品ピーナッツを使った担々麺、ブートジョロキアを使った激辛ラーメンとともに、テレビで取り上げやすいメニューの開発を行って注目を集めているお店です。

有名になるお店というのは何らかしら他にないユニークな特徴があるのですが、こういったドデカ盛りメニューの開発もテレビやネットで紹介しやすい事例です。

千葉県四街道市中台617−7
営業時間:11時~24時
定休日:不定休(週一)
URL:http://www.ramen-kizuna.com/

Twitterの口コミや感想

有吉弘行のダレトク 2月14日 予告


有吉弘行のダレトク 2月14日 予告は以下のとおりです。

愛情たっぷり浜口京子が自慢の豪快ギョーザ鍋を披露!藤田ニコル&ぺえが“トグロを巻いたキモうまモンスター”に挑戦!デカすぎるチャーシューがのったラーメンが登場
有吉弘行に料理自慢のゲストがクッキング勝負を挑む「有吉シェフに挑戦!タイマンクッキング」では、“鍋料理”をテーマに、浜口京子がオリジナルレシピで挑む!対する有吉は、ネットで話題となっているレシピで迎え撃つ。最近料理にハマり、よくブログに料理をアップしているという浜口は、「朝から愛情を込めて作ってきた」というギョーザの皮のタネを加工し始める。一方、有吉は普通の豚バラ肉、ロース肉を使って“なんちゃってチャーシュー”を作るのだが、どんな鍋ができあがるのか!?その料理をゲストに試食してもらい、どちらがおいしかったか判定してもらうが、はたして結果は!? 全国各地の珍しいラーメンを紹介する「ラーメン王・石神と行く!ダレトク謎ラーメン」では、ラーメン王・石神秀幸と調査員・吉川正洋(ダーリンハニー)が、ゲストの島崎和歌子と岡井千聖(℃-ute)と共に千葉・四街道市の“大迫力!大銀河ラーメン”を調査。石神が「過去最大」と評したデカすぎるチャーシューが登場! 「キモうまグルメ IN THE WORLD」では、藤田ニコルとぺえが生物ライターの平坂寛氏と共に熊本・水俣市を訪れ“蛇よりキモいトグロを巻いたモンスター”の捕獲&試食に挑む。「色的に食べられないでしょ」と漏らすニコルだったが、生で試食するはめに…。そのモンスターの見た目にスタジオメンバーも絶叫!


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。