鮭明太 なごみ@福岡市博多区が『有吉弘行のダレトク』で紹介

博多名物の鮭明太(しゃけめんたい)が『有吉弘行のダレトク』で紹介されます(放送日は1月31日)。3か月~半年の予約待ち商品ということで焼き鮭と博多の辛子明太子を独特のタレで和えたご飯のお供なグルメ商品です。

では、この鮭明太(しゃけめんたい)はどこで購入・通販できるのでしょうか?

広告

鮭明太 なごみ@福岡市博多区が『有吉弘行のダレトク』で紹介


博多の鮭明太(しゃけめんたい)が『有吉弘行のダレトク』で紹介されます

博多の鮭明太(しゃけめんたい)が『有吉弘行のダレトク』で紹介されます

福岡市博多区で海産物の加工品を販売している「味市春香なごみ」さんの「鮭明太(しゃけめんたい)」が1月31日放送の『有吉弘行のダレトク!?』で紹介されます。

スタジオに5商品を取り寄せて、予約待ちが長い順を当てるというコーナーで紹介されるということで、予約待ちが3か月~半年という人気の商品です。

気になる価格は150gパックが2個のセットで2160円で、これに別途送料(648円~1728)と代引き手数料などが必要になります。

味市春香なごみ 基本情報

通販は公式サイトのネット上でのみ受け付けを行っています。

鮭明太(しゃけめんたい)焼き鮭と辛子明太子を独自のタレで和えた商品で、過去には『嵐にしやがれ』や『行列のできる法律相談所』に『ナカイの窓』や『メレンゲの気持ち』でも紹介されたことがあります。

通販でなくとも、博多駅に近い「キャビンホテル博多」の一階に料理店があって、そこでこの鮭明太(しゃけめんたい)を使った創作料理を食べることも可能です。

広告


キャビンホテル博多

福岡市博多区博多駅前3-18-8
営業時間:11時~17時
定休日:土日月
URL:http://ajiichiharuka-nagomi.com/

有吉弘行のダレトク!? 1/31 予告


1月31日放送の『有吉弘行のダレトク!?』では他にも「チョコレートチーズケーキ」や「焦がしきな粉のはんなりロール」なども紹介されます。

佐賀牛カレー
チョコレートチーズケーキ
鮭明太
焦がしきな粉のはんなりロール
ホルモンバーグ

有吉弘行のダレトク!? 1/31 予告は以下のとおりです。

新企画「東京いい店ひるむ店」入店するのをためらってしまう煙モコモコのお店を調査!お取り寄せグルメで予約待ちが長い商品とは?キモうまはタイでタランチュラを喰らう!
あやしい店を徹底調査する、新企画「東京いい店 ひるむ店」では、調査員のあばれる君が東京中央区・日本橋の店へ。店の前に着いたあばれる君は、煙で店内が見えない状況に仰天!入店すると、客が煙対策としてメガネなどを着用しているという異様な光景が広がる。そこで、空気の汚さを測る器機を使って計測してみると驚きの数値が!また、板橋区にさらに煙の多い店があるという噂を聞きつけたあばれる君は、早速調べることに。店の近くまでやって来たあばれる君は、店内から漏れ出る煙の量に「ボヤですよ!」と仰天してしまう。「この商品何カ月待ち?」では、お取り寄せグルメ5品の中から最も予約待ちが長い商品を予想していく。エントリーする商品は、「佐賀牛カレー」「チョコレートチーズケーキ」「鮭明太」「焦がしきな粉のはんなりロール」「ホルモンバーグ」。各商品を一口ずつ試食し、予想することに。はたして、最も予約待ちが長いのはどの商品なのか?  「キモうまグルメ IN THE WORLD」では、田中卓志(アンガールズ)がタイへ。バンコクから車で8時間離れた場所へ向かい“凶暴な毒液モンスター”タランチュラの捕獲を目指す。巣穴を見つけ掘り返していると、「毛だらけの足が見えた!」と声を上げる田中は、ターゲット捕獲に大奮闘。捕獲後、早速調理し味を確かめてみることに。


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告


鮭明太

Twitterの口コミや感想

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。