クラリアス 巨大魚(ナマズ)が『有吉弘行のダレトク』で紹介

クラリアスという巨大淡水魚が11/15放送『有吉弘行のダレトク』で紹介されます。香港のどぶ川に住む1メートル級の巨大魚を「キモうまグルメ」として紹介するようですが、クラリアスは「ナマズ」のことです。

ナマズ料理といえば日本でも昔から食用とされてきた魚で、関西だと琵琶湖博物館「にほのうみ」というレストランで「なまず天丼」を食べることができます。

広告

クラリアス 巨大魚(ナマズ)が『有吉弘行のダレトク』で紹介


クラリアスと同じナマズの一種でレッドテールキャットフィッシュ

クラリアスと同じナマズの一種でレッドテールキャットフィッシュ

11/15放送『有吉弘行のダレトク』で香港のドブ川で釣れる巨大魚クラリアス」を紹介するようです。

クラリアスとはアフリカ原産のナマズの種類で、要するに「ナマズ」です。

今回は「巨大キモうまグルメ」として1メートル級の巨大魚「クラリアス」が紹介されるのですが・・・・

ナマズは日本でも昔から食べられてきたもので、関西だと琵琶湖で食べることができるナマズ(地方名:ヘコキ)も知られています。

日本でも古くから食べられているナマズ料理


ナマズの刺身、高タンパク低カロリーの白身で唐揚げにするとおいしいです

ナマズの刺身、高タンパク低カロリーの白身で唐揚げにするとおいしいです

ナマズは漢字で「鯰」と書きますが味はふわふわしたウナギみたいな感じの食材です。

高タンパク低カロリーの食材で、アメリカでは「キャットフィッシュ」と呼ばれて、1680年からミシシッピ州やテキサス州ではポピュラーな食べ物です。今でもスーパーで1kgが7ドルくらいと安い食材でもあります。

・琵琶湖のヘコキ(滋賀県)
・ナマズの蒲焼き(愛知県佐織町)
・吉川市のなまず料理(埼玉県吉川市)

最近はあまり見かけませんが、昔は東京でも「なまず料理店」という看板を見かけたものです。

琵琶湖博物館には「なまず天丼」がある


なまず料理は「琵琶湖博物館」のレストランでも食べられます

なまず料理は「琵琶湖博物館」のレストランでも食べられます

関西でも琵琶湖まで行くと「ナマズ料理」を食べることができます。

淡水魚なので琵琶湖にも住んでいるのです。

以前の記事で「バス天丼」を食べに琵琶湖博物館の「にほのうみ」という館内レストランに行った記事を書きましたが(該当記事はこちらです)、そちらに「なまず天丼 930円」というメニューがあるのです。

関西でナマズ料理を食べてみたいなら、博物館も一緒に見られる「琵琶湖博物館」はオススメです。ここかなり充実した施設でキレな上にめちゃくちゃ広いのでデートでも使えます。

滋賀県草津市下物町1091
営業時間:11時~17時
定休日:
URL:http://www.nanyouken.co.jp/nionoumi/

有吉弘行のダレトク 11/15 予告


有吉弘行のダレトク 11/15 予告は以下のとおりです。

田中の要望で、おのののかがキモうまグルメ香港ロケに初参戦!「ドブ川にすむ巨大モンスター」を捕獲!?
見た目はキモいが食べたらうまいものを調査する「キモうまグルメIN THE WORLD」は香港へ。田中卓志(アンガールズ)とおのののかが生物ライター・平坂寛と共に、“ドブ川にすむ巨大モンスター”の捕獲に挑む。ターゲットをルアーフィッシングで釣り上げると聞き、ドブ川に足を踏み入れ釣り糸を垂らす調査員たち。時間が過ぎていく中、田中の竿に反応が!果たしてそのお味は…?また、2人は平坂氏がお薦めする香港の旬のグルメを堪能。しかし、その食材の正体を知り、絶叫!スタジオでは、田中が買ってきたというお土産が登場するが、なぜか田中本人が試食する展開に!スタジオ内に田中の悲鳴が響き渡る。


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。