ダイナンウミヘビ@南房総 ダレトク「キモうまグルメ」で紹介?

Sponsored Link

南房総や江ノ島で見られる「ダイナンウミヘビ」が、8/23放送『有吉弘行のダレトク!?』で紹介されるかもしれません。南房総でアンガ田中さんが「デンジャラスバイター」を釣りに行ったとのことですが、見た目は「ダイナンウミヘビ」だと思われます。

どんな味がするのか興味深いので放送が楽しみです。

デンジャラスバイター 有吉弘行のダレトク


ダイナンウミヘビ

ダイナンウミヘビ

南房総の「ダイナンウミヘビ」が、8/23放送『有吉弘行のダレトク!?』のアンガ田中さん人気企画「キモうまグルメ」で紹介されるかもしれません。

予告映像を見るといくつか分かることがありました。

(1)鋭い刃と強じんなアゴを持つ
(2)体長が2メートル近い
(3)千葉県南房総市で捕獲
(4)名前は「デンジャラスバイター」と書かれている
(5)背びれがある
(6)色は薄茶色
(7)ウミヘビに近い
(8)ウロコはない

予告では「デンジャラスバイター」とされていますが、これは「危険で咬みつき魔」くらいの意味です。そのため、生物名ではないでしょう。

たぶん「ダイナンウミヘビ」かなと思われます。

ダイナンウミヘビ


ダイナンウミヘビは、ヘビではなく魚類で、ウナギやアナゴに似た生物です。

味は「ムツ」に近いと言われています。

・名前「ダイナンウミヘビ」
・学名「Ophisurus macrorhynchus」
・ウナギ目
・夜行性
・体長は最大で2メートルくらいになる
・歯がとても鋭い

江ノ島や南房総で釣りをしていると「釣れちゃう」ことがある魚で、強靱なアゴとするどい歯があるので噛まれることがあります。

ダイナンウミヘビ 調理方法

ダイナンウミヘビを料理する場合は「ヌメリをよく落とすこと」と「背骨(中骨)が固いので取る」のが良いとされています。

また、小骨が多いので「骨切り」をする必要があります。

骨切りした身は天ぷらなどにすると、見た目はハモ天に近い料理になります。

ヌメリを落とすのは、におい(アンモニア臭)がするからです。

(1)ヌメリをよく水洗いして落とす
(2)背骨を取る
(3)骨切りをする
(4)ししゃもの香り
(5)味はムツに似ている


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。