アボガドつけ麺 麺屋三郎@愛知県一宮市がダレトクラーメンで紹介

Sponsored Link

アボガドつけ麺という麺屋三郎(愛知県一宮市)というラーメン店で出す限定メニューが、6/14放送『有吉弘行のダレトク!?』で紹介されそうです。店主がダレトクの大ファンとのことで「暑い夏にピッタリのドロドロつけ麺」として紹介されます。

では、どのようなつけ麺なのでしょうか?

アボガドつけ麺 麺屋三郎@愛知県一宮市がダレトクラーメンで紹介

店主が『有吉弘行のダレトク!?』の大ファンということで、取材してもらうために開発したっぽい謎ラーメンが、6/14放送『有吉弘行のダレトク!?』で紹介されます。

メニューに「二郎三郎」という名前のラーメンがあり、「二郎インスパイア」のお店にも思えますが、色々な種類のラーメンを食べることができるお店です。

こちらのラーメン店には、限定メニューで「チーズフォンデュ ラーメン」などもあったのですが、予告では「暑い夏にピッタリのドロドロつけ麺」とありました。

その謎ラーメンとは、愛知県一宮市にある「麺屋三郎」さんの月替わりで出される限定メニューと思われます。

これ、たぶん・・・・冷製アボガドつけ麺(1000円)ですね・・・・。

冷製アボガドつけ麺 1000円(2016年7月)※限定20食(昼のみ、土日祝は昼と夜)※
濃厚ウニつけ麺 (2016年7月15日まで)※限定20食(昼と夜)※

アボガドつけ麺」は、ほうれん草を練り込んだ緑色の麺に、「ジャガイモ+生クリーム+アボガド」を組み合わせたスープで食べるラーメンです。

これにチーズ3種類とハーブ3種類とアボガドオイルを使っているとされています。

7月の限定メニューですが、6/15から先行販売されることになっており、たぶん前日のテレビ放送を意識したものだと推測されます。

追記:実際の放送で、この「冷製アボガドつけ麺」が紹介されました!

なお、3と6のつく日は「三郎の日」で煮玉子または麺大盛サービス券をもらうことができます。

Sponsored Link


アボカドオイル 2本セット マカダミアナッツオイルも選べます オリバード社製 オリーブオイルよりビタミンEが2.5倍 ダイエット美容にアボカド油 アボガド約20個使用 アボガドオイル 雑誌掲載【送料無料】02P27May16

愛知県一宮市三条四反田79−5
営業時間:11:30~14時(月水木金土日祝)、18:30~21:30(金土日祝)
定休日:火曜
URL:http://ameblo.jp/yaodaisannan326-0810/

有吉弘行のダレトク 6/14 予告


有吉弘行のダレトク 6/14 予告は以下のとおりです。

「有吉シェフが作る!?ダレトク!?3分クッキング」では、有吉弘行が「チーズバーガー春巻き」作りに挑戦。材料のチーズバーガーを見た有吉は「これがもう、一つの料理だからねぇ」と渋顔を見せるが果たしてそのお味は? 2品目は、辻希美が「DECOサマー素麺」を作る。トマトでバラの花に見立てたデコレーションを手際よく作る辻ちゃん。実は「結婚前までリンゴの皮もむけなかった」そうだが、有吉らが「さすがだねぇ」と舌を巻いたデコレーション料理の仕上がりとは!? 「ラーメン王・石神と行く!ダレトク!?謎ラーメン」では、調査員の吉川正洋(ダーリンハニー)とラーメン王の石神秀幸が、愛知・一宮へ。女性に大人気だという「暑い夏にピッタリのドロドロつけ麺」と愛知・名古屋の「体育会系ラーメン」を取り上げる。 スタジオトークでは、辻がワンクリック詐欺に引っかかったエピソードを明かす。「エロ画像を見ていて…」と話しだすと、有吉らはにわかに色めき立ち、興味津々で耳を傾ける。スタジオ爆笑のエピソードの結末は必見!!


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。