餃子や唐揚げがのった四川ラーメン 孔明飯店@岐阜県各務原市 ダレトク

Sponsored Link

岐阜県各務原市の「孔明飯店」さんがが5/24放送『有吉弘行のダレトク!?』で「アレがまんま乗っちゃってるラーメン」として紹介されそうです。唐揚げや餃子がそのまんま乗っちゃってるラーメンのことで、各務原市では人気のあるラーメン店です。

各務原市というと美味しいラーメン店が多い地域ですが、そのお店とはどのようなものなのでしょうか?

追記:予測はハズレで、実際の放送では「お好みラーメン 750円」というお好み焼きがのったラーメンが紹介されました。店名は「ぽっぽや」さんです。(地図

有吉弘行のダレトク!?


5/24放送『有吉弘行のダレトク!?』で、ラーメン王の石神秀幸さんとダーリンハニーの吉川正洋さんが、岐阜県各務原市にある「アレがまんま乗っちゃってるラーメン」を調査します。

フード担当に確認したところ、「アレがまんま乗っちゃってるラーメン」とは、ラーメンが美味しいと評判の岐阜県各務原市という地域の中でも一番人気とも言えるラーメン店「孔明飯店」のことだと予測していました。

では、その「アレがまんま乗っちゃってるラーメン」は、どこにあるラーメン店のなんというラーメンなのでしょうか?

餃子や唐揚げがのった四川ラーメン


岐阜県各務原市にある「孔明飯店」さんには、唐揚げや餃子がそのまま乗った「四川ラーメン」というメニューが存在しています。

(1)お値段リーズナブル
(2)量が多め
(3)美味しいと評判
(4)餃子や唐揚げにカツが乗った「四川シリーズ」がある
(5)店員全員が諸葛孔明ファンという噂

フード担当が言うには「各務原市のラーメンはウマイ」とのことで、隠れたラーメンスポットとも言っていました。

そこにあるのが「孔明飯店」というお店で、地元では人気のある昔からの中華料理店です。

孔明飯店

孔明飯店さんは、名鉄各務原線「市民公園前駅」から徒歩10分程度のところにあるラーメンです。

もっと近くに「よなや」という、こちらも人気のあるラーメン屋さんもあります。

各務原は「かかみがはら」と読みます。

各務原ラーメンとも言われますが、色々な種類のラーメン店が軒を連ねる町で、各務原のラーメンはレベルがひとつ上とも言われる地域です。

日本を代表する「木曽川の通る町」ですね。

岐阜県各務原市那加織田町1丁目63
営業時間:11時~13:40、17時~20:30
定休日:木曜、第一水曜
URL:Facebook

有吉弘行のダレトク!? 5/24 予告


有吉弘行のダレトク!? 5/24 予告は以下のとおりです。

他にもお店が紹介されます。

(1)餃子や唐揚げがのった四川ラーメン 孔明飯店
(2)ロングチャーシュー麺 麺日和
(3)杉並区の0円無料タダ餃子の店 餃子処たちばな

小峠が“ワケありなレストラン”で“ワケありな料理”を食らう!その正体とは!?さらに“0円ギョーザ”や“大事なアソコが長すぎるラーメン”も登場!
「ワケあり調査委員会」では、小峠英二(バイきんぐ)が東京・新宿区の“ワケありなレストラン”を調査。 店員の「凝った料理がある」という発言を受け、さっそくその料理を出してもらうことに。提供されたパッと見フライドチキンのような料理を食べた後、その正体を聞いて仰天!スタジオメンバーも思わず顔をしかめたその正体とは!? 続いて杉並区の“ワケありな餃子”を出す店へ。餃子をタダで提供していると聞き、「正気の沙汰じゃない!」と思わずツッコむ小峠。なぜ“0円”で提供しているのか? 「ラーメン王・石神と行く!ダレトク謎ラーメン」では、調査員の吉川正洋(ダーリンハニー)とラーメン王の石神秀幸が、愛知・一宮の“大事なアソコが長すぎるラーメン”を調査。ウワサに違わず長すぎる“ある物”に2人は言葉を失う。また、岐阜・各務原の“アレがまんま乗っちゃってるラーメン”も紹介。

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。