三ヶ月に一度の激辛ラーメン暁 ダレトク 蒲田

Sponsored Link

蒲田激辛ラーメンが、3/15放送『有吉弘行のダレトク!?』で紹介されます。「3か月に1度しか食べられない東京蒲田のド○ラーメン」として、蒲田の「ラーメン暁」さんが紹介されることになっています。紹介されるのは「サ○ィスティックヌードル」です。

結構、蒲田では名の知られたラーメン店です。

ダレトクラーメン


3/15放送『有吉弘行のダレトク!?』で、「3か月に1度しか食べられない東京・蒲田の“ド○ラーメン”」が紹介されます。

3か月に1度しか食べられないというド○ラーメンとは、いったい何なのでしょうか?

真っ黒な見た目
悶絶するほど辛い

予告では、見た目真っ黒なのですが、悶絶するほど辛いと言われています。

実は、これ蒲田にある「ラーメン暁」さんの「サ○ィスティックヌードル」のことです。

サ○ィスティックヌードル


蒲田にある「ラーメン暁」さんの「サ○ィスティックヌードル」のことです。

というか、公式ブログに書いてありました。

2016-03-15_202506

平打ちやや細麺(関東言う細麺なので関西風でいえば太麺)、濃口醤油の見た目からは想像はつきませんが、これが悶絶するほど辛いと言われています。

3/16にサ○ィスティックヌードルのみの営業日があって、事前に告知されています。

昼と夜で50食のみと限定です。

お値段は900円です。

「(辛いので)激辛 オススメしません」と書かれています(笑)

画像は公式ブログより

ちなみに、○文字になっているのは、検索エンジンから除外されるワードだからです。

ラーメン暁 蒲田

私も蒲田は長く住んだ街です。ま、オススメはしませんが、住み慣れた街で、いまでも戻って住みたいところです。

ちょっと雑というかヤンキーの悪い感じというか、そういう感じです(笑)

中高生のお子様がいるご家族には絶対お勧めしませんが、雪ヶ谷方面だったら大丈夫だったりはします。

それはともかくとして。

ラーメン 700円
味玉ラーメン 800円
ワンタンメン 900円
チャーシューメン 1000円
こってりラーメン 800円

蒲田では結構知られたラーメン屋さんです。

裏通りの方ですが、ファンが多いラーメン屋さんで、東京一とも呼び声のあるお店です。

東京都大田区西蒲田8丁目2−1
営業時間:11:30~15時、18時~22:30(日曜は21時まで)
定休日:月曜、第三火曜
Twitter
Blog

有吉弘行のダレトク 3/15 予告


有吉弘行のダレトク 3/15 予告は以下のとおりです。

あまりの狭さに弱気発言!?ヒロミが難易度MAXの「激セマ駐車場」に挑戦&強烈!真っ黒な見た目の「ド○ラーメン」にスタジオメンバーもん絶!?
「ダレトク!?激セマ駐車場」では、レーシングドライバーとしても活躍しているヒロミがドライビングテクニックを駆使して激セマ駐車場に挑む。調査員のタイムマシーン3号と共に、東京都にある「縦列タイプの激セマ駐車場」にやってきたヒロミ。主人が車を出す様子を見ながら「難しいね…」とポツリ。果たして無事に駐車することができるのか!? 二軒目は、「50mバックして停める駐車場」。ここは、細い路地をバックしながら、狭小駐車場に駐車しなければならない難易度MAXの難敵。「バックは大丈夫だけど、こりゃ狭いね」とつぶやきながら車に乗り込んだヒロミは、チャレンジ中にも弱気発言を連発!果たしてチャレンジの結末は…? 「ラーメン王・石神と行く!ダレトク!?謎ラーメン」では、調査員の吉川正洋(ダーリンハニー)がラーメン王の石神秀幸と共に、東京・蒲田の3カ月に一度しか食べられないという「ド○ラーメン」を調査。「ラーメンにSもMもないと思う」と漏らす石神だったが、提供された一品の真っ黒な見た目に圧倒されなが

Sponsored Link


ブレアーズ アフターデスソース・ジョロキア 150ml


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。