【ダレトク?】アナ雪便乗ラーメン「台南麺かちかち山 雪見ラーメン」、レンゲがささるラーメン「豚骨大岩亭」、三角庵のアイスクリーム入り「ゆき味ラーメン」

Sponsored Link

1/27放送「有吉弘行のダレトク!?」で「ダレトク!?謎ラーメン」という企画コーナーがあり、「アナ雪便乗ラーメン」が紹介されます。

アナ雪便乗ラーメン「台南麺かちかち山 雪見ラーメン(愛知県豊田市)」
レンゲがささるラーメン「豚骨大岩亭」(愛知県安城市)

その他の「火曜サプライズ」関連記事はこちらです。

アナ雪便乗ラーメン「台南麺かちかち山 雪見ラーメン(愛知県豊田市)」

アナ雪便乗ラーメン「雪見ラーメン」があるというのが、台湾料理店「台南麺かちかち山」です。

酢・ラー油・蟹のラーメンに、メレンゲ(卵白)が雪山のように盛ったラーメンです。ちなみに、15年前からあるそうです。

メニュー
雪見ラーメン 682円
青汁ラーメン 735円
あんぽんメン 892円

台南麺かちかち山
愛知県豊田市丸山町3丁目10−2
営業時間:11:30から14時(昼)、17:30から23時(夜)
定休日:月曜

このラーメンは「ロケットニュース」でも2013年に取り上げるなど、知られていますが、以下のはあまり知られていません。

愛知県常滑市にある三角庵の「ゆき味ラーメン」


実は「雪見ラーメン」って結構あって、「雲海ラーメン」とかも知られています。

あと、雪見というと思い出すのがアイスクリームですよね。

こっちの方が「アナ雪便乗」ですが、アナ雪以前からありますので、アナ雪が便乗したんです(笑)

店は同じ愛知県です。実はこれ「ゆき味ラーメン」というものです。

愛知県常滑市にある「三角庵」さんが世界で初めて世に出したアイスクリーム入りラーメン(自称)です。

三角庵
愛知県常滑市保示町1丁目5

根本的に愛知県というのは、愛知県以外に情報が流れない土地柄なのですが、探ってみると「カエルラーメン」とか、アイスクリームラーメンとか「薄井麺」とかが、内部的にブレイクしていたりします。

中華料理 かえる(3月末で閉店予定)
愛知県名古屋市昭和区阿由知通1-9

ほんと、愛知は怖いです(笑)

ちなみに、東京都足立区千住にある「菊や」というアホなラーメン屋でもアイスクリームラーメンを出してます。

レンゲがささるラーメン「豚骨大岩亭」(愛知県安城市)

今回の放送では「レンゲがささるラーメン」が紹介されます。ただ、これだけだと分からなくて、超濃厚スープのお店だと思います。

他にヒントがあって、予告で「店主の濃すぎるキャラクター」とあるのですが、ということであれば、同じ愛知県の「豚骨大岩亭」(愛知県安城市)ではないかと思います。思いますというか、ほぼ間違いないです。ここの店主はおかしいです。

このお店では、ペースト状になった豚骨スープのラーメンが出てきます。レンゲが立つほどの泥系というか蟹味噌ペースト系というか、それほどの粘度を誇ります。

豚骨 大岩亭
愛知県安城市緑町1丁目16−9
営業時間:11時から14時(昼)、17時から21時(夜)
定休日:月曜

有吉弘行のダレトク!?
http://www.ktv.jp/daretoku/index.html

ヘンテコなラーメンを紹介する「ダレトク!?謎ラーメン」では、調査員の吉川正洋(ダーリンハニー)が、“アナ雪便乗ラーメン”を調査するため愛知県豊田市のラーメン店へ。運ばれてきたのは「雪見ラーメン」というラーメンの上に白い物体が山盛りに乗った一杯。山盛りになった白い物体とは?
さらに“レンゲがささるラーメン”を紹介。店主の濃すぎるキャラクターに驚く吉川だったが、運ばれてきたラーメンにさらに仰天することに。レンゲがささるラーメンの正体とは!?
スタジオでは、有吉弘行たちも試食。気になるその反応は?

Sponsored Link


ラーメン 札幌すみれラーメン 8食セット(味噌/醤油/塩)/ギフト 送料込


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。