アリストンホテルの朝食バイキングが『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介か

アリストンホテルの朝食バイキングが2019年10月8日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介されるようです。紹介されるのは「京都の名物料理が盛りだくさん朝食バイキング」というアリストンホテル名物の朝食バイキングだと思われます。

広告

アリストンホテルの朝食バイキングが『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介か


アリストンホテルの朝食バイキングが『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介

アリストンホテルの朝食バイキングが『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介

2019年10月8日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で、京都の十条にある「アリストンホテル」さんの朝食バイキングが紹介されるかもしれません。

予告では大阪のバイキング王者「オリンピア」に対抗する店として「京都の名物料理が盛りだくさん朝食バイキング」が紹介されると予告されています。

この京都の名物料理が盛りだくさん朝食バイキングがアリストンホテルの朝食バイキングです。

京都・十条の「アリストンホテル」さんは2018年5月10日に開業したばかりの新しいホテルで、地元・京都の素材を生かした京のおばんざいなど、新鮮な地元の食材を使用したメニューを豊富に用意している朝食バイキングがあるホテルなのです。

※写真は朝食バイキングの「京つけもの、鯖すし、だし巻きサンドイッチ、おばんざい」

京のおばんざいを中心とした手作りでヘルシーな朝ごはんが食べられるというのが特徴。

京都らしく「出し巻きたまごのサンドイッチ」もあるという朝食バイキングなんです。

※写真は朝食バイキングの「京都のおばんざい」

もちろん、和食・洋食どちらも用意されているのでお好みで選ぶことができるようになっています。

京都らしい朝食を食べたいなら「出し巻きたまごのサンドイッチ鯖寿司京つけもの西京焼湯葉豆腐」などがオススメです。

料金は税込みで1540円、宿泊客以外でも利用できるのが良いですね。

営業時間は6時30分~10時まで(9時30分ラストオーダー)です。

アリストンホテル京都十条 営業情報


アリストンホテル 京都十条

アリストンホテル 京都十条

では「アリストンホテル 京都十条」さんは京都のどこにあるホテルなのでしょうか?

京都駅から地下鉄烏丸線で2駅目「十条駅」から徒歩2分という立地です。

駅の南「久世橋通」を左に見るとラーメン藤があるのですが、そのお向かいにあるホテルです。

京都観光にも便利な駅前、伏見稲荷大社も徒歩10分くらいという好立地にありますので、観光地にも近くて朝食バイキングが美味しいお店として人気があります。

京都府京都市南区上鳥羽勧進橋町23

SNSの口コミや評判(感想)

ちゃちゃ入れマンデー 2019年10月8日 予告


ちゃちゃ入れマンデー 2019年10月8日 予告は以下の通りです。

本当は教えたくない赤字覚悟メニュー大公開▽高級食材マツタケが堪能できる王者オリンピア▽京都の名物料理が盛りだくさん朝食バイキング▽和歌山名物「生○○」が食べ放題
~関西食べ放題激戦区!ズルいぞ!オリンピアSP~ 人気企画“ズルいぞ!〇〇〇”シリーズ、今回は“食欲の秋”ということで関西人が大好きな食べ放題店!王者は、関西最大級のホテルバイキングとして半世紀にわたり「関西食べ放題界」をけん引している大阪・新阪急ホテルのグルメバイキング「オリンピア」。そんな王者に対し、関西の人気食べ放題スポットが力を合わせて勝負を挑みます!一流シェフが手掛ける本格派料理や京都の名物料理を揃えた自慢の朝食バイキング、コスパ抜群な高級食材や絶品スイーツなど…様々なジャンルの食べ放題が登場!さらに本当は教えたくない、各店舗の「商売あがったり」な赤字覚悟メニューも大公開!


「ちゃちゃ入れマンデー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。