茶しん 駅前本店 @滋賀県長浜市 ホワイト餃子 が『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介

2019年5月7日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で、滋賀県長浜市で食べられる千葉県のご当地グルメ「ホワイト餃子」のお店が紹介されます。そのお店とは「茶しん 駅前本店」さんのことで、ここではイタリアン焼きそばやホワイト餃子といった他府県のグルメを堪能することができます。

広告

滋賀で食べられるホワイト餃子のお店が『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介


滋賀県長浜市で千葉県のご当地グルメ「ホワイト餃子」が食べられるらしい

滋賀県長浜市で千葉県のご当地グルメ「ホワイト餃子」が食べられるらしい

2019年5月7日の『ちゃちゃ入れマンデー』で「関西で全国のご当地グルメは食べられるのかSP」が放送されることになっています。

京都からは一乗寺にある「広島汁なし担々麺(一乗寺ブギー)」さんが紹介されることになっていますが、他にも「滋賀で食べられる千葉県の絶品餃子 ホワイト餃子」が紹介されることになっています。

では、この「滋賀で食べられるホワイト餃子」のお店とはどこにあるのでしょうか。

実は、長浜市にあるんです。

滋賀県長浜市「茶しん 駅前本店」でホワイト餃子が食べられる


滋賀県長浜市「茶しん 駅前本店」外観

滋賀県長浜市「茶しん 駅前本店」外観

滋賀県長浜市千葉県のご当地グルメ「ホワイト餃子」が食べられるというお店が「茶しん 駅前本店」さんという大衆食堂です。

JR「長浜駅」東口を元浜町へ歩いていくと「浜京極商店街」があり、そのさらに東50メートルほどのところにあるお店です。

浜京極商店街から東へ50メートルほどの場所にある「茶しん 駅前本店」

浜京極商店街から東へ50メートルほどの場所にある「茶しん 駅前本店」

関西で唯一のホワイト餃子公認店舗で、関西ではここでしかホワイト餃子を食べることができません。

また、この「茶しん」さんでは新潟県民のソウルフード「イタリアン焼そば」までメニューにあるという「ご当地グルメ」推しのお店なんです。

イタリアン焼そば ※新潟県のソウルフード
ホワイト餃子 ※千葉県の名物餃子
(しばらく)※長浜のソウルフードで大判焼きのことを「しばらく」と呼んでいる

ホワイト餃子の値段は10個で480円(税込み)。

具材も皮もすべて手作りで、お持ち帰りもできるようになっています(生餃子は20個で650円)。

他にも、長浜市には名物グルメがたくさんあり、人生の楽園で紹介された「うどん馳走 山石土平」さんも地元では絶大な人気があります。

長浜市って、とてもグルメな街なので私も半年に一度くらいは訪問している都市です。皆さんも一度行ってみてください。

滋賀県長浜市元浜町5−3
営業時間:11時~19時
定休日:火曜日
公式サイト:http://chashin.co.jp/

茶しん SNSの口コミや評判(感想)

ちゃちゃ入れマンデー 2019年5月7日 予告


ちゃちゃ入れマンデー 2019年5月7日 予告は以下のとおりです。

地元で大行列の〇〇〇ラーメン▽滋賀で食べられる〇〇県の絶品餃子▽〇〇県出身者が絶賛!贅沢ご当地鍋▽〇〇県の新鮮な魚介類が食べられる店▽果たして何県食べられるのか
徹底リサーチ!全国のご当地グルメは関西で食べられるのかSP~東日本編~ 日本各地のご当地グルメを食べてみたいけれど、現地にわざわざ出かけるのは面倒だしお金もかかる。できれば関西で全部食べられないものか…。というわけで今回は、そんな欲張りなアナタのために、関西2府4県を除いた1都1道39県のご当地グルメが味わえる関西のお店を大捜索!旅気分を味わうもよし、生まれ故郷を懐かしむもよし、関西生まれの人も他県から関西にやってきた人も、きっと一緒に楽しめますよ♪


今回はゴールデンウィークに食べ歩きたい「関西の京都で食べられる全国ご当地グルメ」をまとめました。いまやご当地グルメも現地に行かなくても食べられる時代です。京都でご当地グルメを提供している飲食店を探してみると10店舗ほどあるんです。



「ちゃちゃ入れマンデー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。