ブラタモリ名古屋編か!4月18日に名古屋城と熱田神宮で『ブラタモリ』撮影ロケ

初の『ブラタモリ名古屋編』の可能性が出ています。4月18日に名古屋城熱田神宮『ブラタモリ』の撮影ロケが行われており、名古屋城天守閣から名古屋市街を望んで、熱田神宮で参拝するタモリさんの姿が多数目撃されていました。

たぶんテーマは「七里の渡しなど熱田神宮周辺の地形」を扱う(東海道がテーマ)と推測されます。

広告

4月18日に名古屋城と熱田神宮で『ブラタモリ』撮影ロケ


春の名古屋城

春の名古屋城

4月18日朝9時頃からタモリさんが「名古屋城・熱田神宮」で撮影ロケしているのが多数目撃されています。

これまで「名古屋」が『ブラタモリ』のテーマになったことはないはずで、もし事実であれば初の『ブラタモリ名古屋編』ということになります。

時系列的には「名古屋城 → 熱田神宮」のようなので、名古屋城天守閣から熱田方面を望んでからの熱田神宮に向かったようです。

名古屋市街の風景

名古屋市街の風景

タモリさんが名古屋の熱田神宮で参拝!七里の渡しを取材?


七里の渡し跡(三重県桑名市側)

七里の渡し跡(三重県桑名市側)

目撃情報では、タモリさん一行は4月18日10時30分頃に「熱田神宮」で参拝をしています。

この「熱田神宮」は歴史のある大変大きな神社で「伊勢神宮・出雲大社」にも並ぶ神社です。

ここで、タモリさんが参拝しているのは不思議ではないのですが、ここを見ているということは熱田神宮周辺の地形を見に来た可能性もあります。

熱田神宮の御祈祷

熱田神宮の御祈祷

名古屋で『ブラタモリ』のテーマを考える場合、2つの可能性があります。

ひとつは「尾張藩が行った町づくり(清洲越)」、もうひとつは「七里の渡しなど熱田神宮周辺の地形」についてです。

七里の渡し(しちりのわたし)は東海道五十三次の海路で「宮宿~桑名宿」の渡し船のことで、江戸時代には渡船場として賑わいを見せた宿波でもあります。

東海道は、ここから三重県まで20kmほどの海路になっているので、東海道をテーマにするのだと推測されます。

愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1
URL:http://www.atsutajingu.or.jp/

東山動植物園でもブラタモリ 4月19日

ブラタモリ』は2日かけて2週分の撮り高を同じ場所で撮影ロケするのですが、東山動植物園でも目撃されていました。

前日の「熱田神宮」のある場所からは少し離れて、千種・天白の方ですが、こちらにあるもので思い浮かぶのは「千種区星ヶ丘」の急斜面(丘陵地)などです。

東山動植物園も高低差がある場所で、園内を歩くだけで高低差を感じることができます。

タモリさんが高低差が好きなので、ここで存分に楽しまれたことでしょう。

愛知県名古屋市千種区東山元町3丁目70
URL:http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

Twitterの口コミや感想


NHK『ブラタモリ』のファンページです。テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。