路傍の湯(ろぼうのゆ)タモリさんが名付けた別府温泉の場所はどこ?

路傍の湯(ろぼうのゆ)という温泉が2月11日放送の『ブラタモリ #63 別府』で紹介されました。実在する温泉名ではなくタモリさんが名付けた温泉名です。現在、この「路傍の湯(ろぼうのゆ)」はゆめタウン別府店のお向かいにあり、元々は霊潮泉(れいちようせん)という大浴場があった場所です。

では、この路傍の湯(ろぼうのゆ)はどこに存在するのでしょうか?

広告

ブラタモリ別府編 最後のオマケ映像で駐車場に湧き出ていた温泉


2月11日放送『ブラタモリ』で紹介された別府温泉にある路傍の湯とは?

2月11日放送『ブラタモリ』で紹介された別府温泉にある路傍の湯とは?

路傍の湯(ろぼうのゆ)」という温泉が2月11日放送の「ブラタモリ #63 別府」で紹介されました。

といっても実在する名前ではなく、番組最後に映ったオマケのシーンで、タモリさんが命名した温泉です。

その温泉「路傍の湯(ろぼうのゆ)」は駐車場の脇から湧き出る温泉で、道にまで温泉があふれている場所でした。

では、その温泉「路傍の湯(ろぼうのゆ)」は別府温泉のどこにあるのでしょうか?

放送された映像を解析して、温泉担当が場所を特定していました。

タモリさんが路傍の湯と名付けた別府温泉の場所はどこ?

この場所ですが、明治の終わりの頃に実在していた「霊潮泉(れいちようせん)」という共同温泉があった場所です。

別府港のすぐ近くで、現在の「ゆめタウン別府店」から小倉街道を挟んでお向かいの駐車場の脇に沸いています。

霊潮泉(れいちようせん)は流川通り入口にあった大浴場で、昭和50年まで地下にあった大浴場は実在していたとされています。

泉質は「炭酸性合塩泉」とされ、海に近いことから満ち引きで温度が変わったと言われています。

詳細な場所は以下の地図で示した座標のところです。

温泉担当は別府温泉に立ち寄ったら見に行くそうで、新しい観光名所になるかもしれませんね。

大分県別府市楠町17


NHK『ブラタモリ』のファンページです。テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。