【ブラタモリ】6/24 9時から東京駅で『ブラタモリ』の撮影ロケか

Sponsored Link

6/24 9時に東京駅でタモリさんが目撃されています。『ブラタモリ』の撮影ロケだと思われますが、仙台の次はまさかの東京駅かもしれません。

とはいえ、東京駅には意外と見るところがあったりします。

ということで「長崎→金沢→鎌倉→函館→川越→奈良→仙台→東京」という流れになりますね。

放送は、7/20放送でスペシャル回になるそうです。

追記:今回のロケで謎の巨大空洞も発見されてニュースになっています。

6/24 9時から東京駅で『ブラタモリ』の撮影ロケか

6/24 9時頃から東京駅でタモリさんが目撃されています。今回もネット最速で記事にします。

どうやら『ブラタモリ』の撮影のようで、10時には東京駅構内での撮影ロケを行っていました。

9時 東京駅前で撮影
10時 東京駅構内で撮影

ということは、まさかの東京ロケ(というほどでもありません)で、「長崎→金沢→鎌倉→函館→川越→奈良→仙台→東京」でしょうか。

ここから移動するなら、東京駅前での撮影をする必要はないため、東京駅が舞台である可能性が高そうです。

『ブラタモリ』の撮影ロケで東京駅って何があるの? という感じかもしれませんが、古いし日本の中心地でもあるので、たくさんの見どころがあります

東京駅の地下には古くからある地下道があるのも有名です。

今回のロケで謎の巨大空洞が発見される

今回のタモリさんのロケ中、偶然にも長さ50メートルの巨大空洞が見つかりました。

と予告でなっていますが、実際には撮影の1週間前に工事で発見されたもので、事前の取材をしている間に発見されたという話です。

場所は国道1号(永代通り)の真下で、東西に道路を繋ぐためにつくられたものでしたが、計画がなくなり忘れられた道路となっていました。

空洞はこれまで未使用で、記録も定かではないことから「謎の巨大空洞」と言われています。

JR東京駅の北側の地下に、長さ50メートルの巨大な空洞が残されているのが確認されました。およそ50年前に計画された地下トンネルの一部とみられますが、これまで使われたことはなく、どこにあるのかが分からなくなっていました。
空洞が確認されたのはJR東京駅のすぐ北側の国道1号線の真下にあたる付近で、NHKの番組「ブラタモリ」の取材中に偶然、見つかったものです。空洞は幅6メートル、高さおよそ5メートルの穴が2本並んでトンネルのようにおよそ50メートルにわたって掘られています。

17時頃には銀座・歌舞伎座「木挽町広場」で『ブラタモリ』の撮影が目撃される

17時頃には銀座・歌舞伎座「木挽町広場」で『ブラタモリ』の撮影ロケが目撃されました。

後述しますが、地下道でつながっているので、地下から行くことも可能です。

東京都中央区銀座4−12−15
URL:http://www.kabuki-za.co.jp/

京葉線のホームは29.19メートル地下にある

東京駅の高低差というと、京葉線です。

あの乗換が非常に面倒で、毎日通勤で長距離移動するアレです。

また、中央線ホームだけは、他のホームより高いところにあります。これは、長野新幹線のホーム増設の都合でこうなっています。

また、東京駅に向かう列車は全部「上り」と表現しますが、東京駅がJRの起点となっているからです。そこにあるのが「ゼロキロポスト」です。

東京駅の地下道は銀座まで歩ける

JR東京駅からは地下道で大手町方面や、JR有楽町駅までつながっているため、たどっていけば銀座まで行くこともできたりします。

東京駅の地下って、何度言ってもわかりませんよね(笑)

東京駅には古い私設郵便箱が現役で活躍している

東京駅の地下には、結構ポストがあります。

「八重洲地下街郵便局」もあるのですが、古い私設郵便箱などが大手町ビルディングに残っていたりします。

6/24のタモリさんの東京駅ロケについては、まだ目撃情報も少なく、たぶん東京駅で一般人がいるようなエリアでは撮影しないと思われます。

他にも知らないような場所がたくさんありそうですね。

ブラタモリ関連記事一覧はこちらです。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。