【ブラタモリ】6/16に仙台でタモリさんが撮影ロケで「仙台おおまちアーケード」(青葉区一番街)

Sponsored Link

6/16 15:30から一気にタモリさんの目撃情報が出ています。場所は仙台市青葉区の一番街にある「仙台おおまちアーケード」です。細かいこというと、天下一品付近でこの時間に目撃されています。ネット最速でお届けします。

『ブラタモリ』の撮影ロケだと思われます。

ということは、「長崎→金沢→鎌倉→函館→川越→奈良→仙台」ですね。

追記:6/17も引き続きロケをしているとの情報があり、東北大学片平キャンパスや仙台市立病院跡地(旧市立病院)付近で目撃されているようです。

6/27放送『ブラタモリ 奈良』の目撃情報はこちらです。

6/16にNHK『ブラタモリ』が仙台でロケ

NHK『ブラタモリ』ですが、先日は奈良で目撃されていましたが、今度は仙台のようです。

7/11と7/18に放送で「長崎→金沢→鎌倉→函館→川越→奈良→仙台」の流れになると思われます。

6/16 15時頃に仙台市でタモリさんが目撃される


6/16 15:30から一気に「アーケードにタモリさんがロケしている」という目撃情報が出ています。

場所は仙台市で商店街ということなのですが、目撃情報の多くが「アーケード」と書いています。これは、地元ではほぼ固有名詞で通じるからだと推測されます。

で、仙台でそういう場所は仙台市青葉区一番町の商店街「中央通り」付近でしょう。

この付近には大きなアーケード「仙台おおまちアーケード」などがあります。

で、我々はすでに場所特定しました「天下一品 中央通り店」前で目撃されています。

「ずんだシェイク」は飲んでないみたいです。

なお、最後の方で、なぜこの場所にタモリさんが来たのかの謎を解き明かします。

宮城県仙台市青葉区中央2丁目2−6−6

ブラタモリ仙台編ではなにを見るのでしょう?

で、今回のロケですが「仙台なんかあったっけ?」という話になっています。

仙台といえば・・・・「伊達政宗」ですよね!

仙台といえば「伊達政宗」

「仙台」という地名は、伊達政宗が名づけたことから始まります。

町づくりという観点からいえば、「青葉山千代城」に寄るであろうと推測できます。

「仙台」は「千代」(せんだい)が元の地名だからです。

さきほどの商店街からは徒歩で30分ほどのところに、「青葉山千代城」があります。歩ける距離です。

ということであれば、全長40kmもある「四ッ谷用水」を見に行く可能性がありますね。

仙台が「杜の都」といわれる由縁は「四ッ谷用水」の整備を伊達藩が行ったことから始まったとも言えるからです。ただ、用水路跡の残る「大崎八幡宮」などは少し遠いですね。

(追記:その後、住宅街で目撃されており仙台市内に張り巡らされている四ツ谷用水を辿っています。)住宅地での目撃情報

ハピナ名掛丁とクリスロードの境に残る四ツ谷用水

アーケードに四ツ谷用水の名残があるという話を調べてみたところ、ハピナ名掛丁とクリスロードの境にタイルの模様が変わる場所があり、そこが「四ツ谷用水の名残」ということでした。(情報元

場所はちょうど目撃のあった「天下一品」の真正面で、だからそこにいたのか!という話になります。

なるほろ~。

6/17「東北大学 片平キャンパス」前や「仙台市立病院跡地」でタモリさんが目撃される


6/17 11時頃に「東北大学 片平キャンパス」前でタモリさんが目撃されているようです。

また、仙台市立病院跡地(旧市立病院)で目撃されています。その後は地下鉄「台原駅」周辺で目撃されていましたので、だいぶ北上したようです。

また、6/17は『俺物語』の撮影でも使われていた「定禅寺通り」でも目撃されています。

2日間のロケは過去もあるので、目撃情報もあることから、6/17もロケで、そろそろ夕方前には帰京するんだろうと思われます。

ちなみに、旧市立病院も東北大学のすぐ近くです。地下鉄「五橋駅」のすぐ南側にあります。

宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1
URL:http://www.tohoku.ac.jp/

ブラタモリ関連記事一覧はこちらです。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。