ブラタモリ宇都宮編 @栃木「宇都宮駅で朝からタモリさん」撮影ロケ

2018年5月30日朝8時前のJR宇都宮駅西口で『ブラタモリ』の撮影ロケをするタモリさんと林田理沙アナが多数目撃されています。宇都宮市は門前町として歴史があり、二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)を中心に栄えた町です。栃木県内では大谷石(おおやいし)で作られた建築物や擁壁(ようへき)や壁が多く、大谷石造りの教会「松が峰教会」でもタモリさんが目撃されていました。

ということで『ブラタモリ宇都宮編』ほぼ確定のようです。

広告

宇都宮駅で朝からタモリさんが『ブラタモリ』の撮影ロケ


宇都宮駅西口ペデストリアンデッキでタモリさんが撮影ロケ

宇都宮駅西口ペデストリアンデッキでタモリさんが撮影ロケ

2018年5月30日朝8時前の栃木県「JR宇都宮駅」で、NHK『ブラタモリ』の撮影ロケをするタモリさんと林田理沙アナが多数目撃されています。

かつて栃木では「ブラタモリ日光編」が2回に渡って放送されたことはあるのですが、宇都宮では初のブラタモリということになります。

千葉県銚子市と栃木県宇都宮市、どちらが先に『ブラタモリ』が来るかは、市の存亡を賭けた案件でしたが、宇都宮市が先に放送されることになりそうです。

では、この宇都宮にタモリさんは何を見に行ったのでしょうか。

目撃されているのは「JR宇都宮駅宇都宮駅」以外に「二荒山神社松が峰教会」での目撃情報が出ていました。

・JR宇都宮駅西口
・二荒山神社
・宇都宮パルコ
・松が峰教会

二荒山神社でタモリさんが目撃される


タモリさんが目撃された「下野国一之宮 宇都宮二荒山神社」

タモリさんが目撃された「下野国一之宮 宇都宮二荒山神社」

二荒山神社といっても日光のではなく、宇都宮市の馬場通りにある「下野国一之宮 宇都宮二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」です。(日光のは二荒山神社=ふたらさんじんじゃ)

宇都宮パルコの前でも目撃されているのですが、パルコの北に通りを挟んであるのが「二荒山神社」で、崇神天皇の時代からあるとされる歴史のある神社です。

宇都宮市の郷土祖神で、宇都宮の総氏神とされる神社であることから、宇都宮の中心地とも言える場所です。

宇都宮市自体が神社の「門前町」として栄えた町であることから、まずここを参拝するというコースになったのだと思われます。

栃木県宇都宮市馬場通り1丁目1−1
URL:http://www.futaarayamakaikan.jp/about/

松が峰教会と大谷石


大谷石造りの教会「松が峰教会」でもタモリさんが目撃されています

大谷石造りの教会「松が峰教会」でもタモリさんが目撃されています

先程の神社から「東武宇都宮駅」方面に向かうとあるのが「松が峰教会」で、そこでもタモリさんが目撃されていました。

宇都宮市では超有名な教会で、宇都宮の特産品「大谷石」で作った「大谷石造りの教会」として知られています。

大谷石というのはドラマや映画の撮影ロケ地として有名な「現・大谷資料館」で採掘されていた石のことで、「松が峰教会」以外でも洋風建築物や壁などで使われていて「高木会館(那須塩原市)」も有名です。

高木会館(那須塩原市)も大谷石造りの建築物です

高木会館(那須塩原市)も大谷石造りの建築物です

日光市でも見られる大谷石の壁

日光市でも見られる大谷石の壁

大谷石(おおやいし)は、擁壁(ようへき)や壁に使われており、那須塩原市や日光市など栃木県内ではよく使われてきた石です。

宇都宮市大谷で産出され、街づくりにとっては欠かせない石であることから、この大谷石をタモリさんは見に行ったのだと推測されます。

ちなみに「擁壁(ようへき)」というのは地面の高低差がある場所で土砂の崩壊を防ぐための壁のことなので、高低差の話題なども絡めてくるかもしれません。

栃木県宇都宮市松が峰1丁目1−5
URL:http://www2.ucatv.ne.jp/~matumine.sea/

Twitterの「ブラタモリ宇都宮編」目撃情報


NHK『ブラタモリ』のファンページです。テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。