おとど食堂 葛西店の「肉玉そば 大魔王」が『有吉ゼミ』で紹介か

Sponsored Link

おとど食堂 葛西店の「肉玉そば 大魔王」が12月26日放送の『有吉ゼミ』で紹介されるようです。サッカー日本代表の森重真人さんと大黒将志さんがギャル曽根さんとデカ盛ラーメン(巨大グルメ)大魔王(6kg)に挑戦するというチャレンジグルメの企画です。

撮影ロケは12月7日 20時頃に行われたようです。

おとど食堂 葛西店の「肉玉そば 大魔王」が『有吉ゼミ』で紹介


おとど食堂 葛西店の「肉玉そば 大魔王」

おとど食堂 葛西店の「肉玉そば 大魔王」

西葛西のデカ盛ラーメン(巨大グルメ)がある有名店「おとど食堂 葛西店」さんが、12月26日放送『有吉ゼミ』でギャル曽根さんとサッカー&ラグビー日本代表が最強巨大グルメに挑む企画「チャレンジグルメ祭り」で紹介されます。

予告ではサッカーの日本代表の森重真人さんと大黒将志さんさんがデカ盛ラーメンに挑戦している姿が映っており、森重真人さんの公式Twitterでリーク情報が公開されていました。

ギャル曽根さん
森重真人さん
大黒将志さん
オードリー春日さん
永島昭浩さん

この場所ですが、場所特定システム「hi-ma」で仕掛けたたところ、葛西にある「おとど食堂 葛西店」さんの前であることが判明しています。

たぶん紹介されるのは、おとど食堂さんの名物メニュー「肉玉そば 大魔王」ではないかと推測されます。

追記:実際の放送では、これの味噌版「味噌魔人」(4.6kg)が紹介されました。

肉玉そば 大魔王


肉玉そば 大魔王」は6kgもあるラーメンライスのセットのことで、12月6日放送『お願い!ランキング』でも紹介されている超巨大グルメです。

・麺6玉
・スープ1380cc
・チャーシュー10枚
・焼き肉500g
・味玉5個
・ネギ100g
・大型のり5枚
・卵黄3個
・ごはん大魔王盛り

とても食べられるような気がしませんが、お値段は5000円で、45分の制限時間内に完食・完飲すると「レジェンドブラックカード」(半永久的にに100円トッピング無料)がもらえるというチャレンジメニューとなっています。

おとど食堂 葛西店 基本情報

おとど食堂 葛西店」さんの場所ですが、地下鉄東西線「葛西駅」南のセブンイレブンが角にある道(中葛西5丁目交差点)を東に入った通りにあるお店です。

こちらの葛西店は最近できたお店で、ニンニクの効いた卵黄と焼肉が入ったラーメンが人気のチェーン店のひとつです。

撮影ロケは12月7日 20時頃に行われており、おとど食堂さんの前にある「ミニストップ葛西店」のところで、ギャル曽根さんやオードリー春日さんが目撃されていました。

東京都江戸川区東葛西6丁目15−1
営業時間:11:30~15時、17:30~25時
定休日:年中無休
URL:http://otodo.jp/

有吉ゼミ 12/26 予告


有吉ゼミ 12/26 予告は以下のとおりです。

大人気企画4本立て!ヒロミは、幼稚園を作る。
ヒロミ夢の幼稚園作りに坂上&矢作も出動!
ギャル曽根VS巨大グルメにサッカー&ラグビー日本代表!
激辛麺VS篠原涼子!&高嶋政宏もまさかの激闘!真冬の激辛祭!!
はなわ柔道激闘&古民家カフェついに完成水卜号泣

Twitterの口コミや感想

肉玉そば大盛り全部乗せ #七瀬まいこ

takechanさん(@tkchn_1016)が投稿した写真 –


蒲田にある超巨大グルメ(デカ盛グルメ)のお店「佐々木商店」さんが12月26日放送『有吉ゼミ』のギャル曽根さんの企画で紹介されるかもしれません。12月7日にラグビー日本代表の稲垣啓太さんとホラニ龍コリニアシさんにギャル曽根さんの3人が目撃されています。



「有吉ゼミ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。