タコジラ 長さ1メートル!重さ3キロの巨大ロングタコス

Sponsored Link

長さ1メートル重さ3キロの巨大ロングタコス「TACOZILLA(タコジラ)」が、7/11『有吉ゼミ』の「ギャル曽根VS巨大チャレンジグルメ」で紹介されそうです。東京・六本木のメキシコ料理「ラ・コシーナ・ガブリエラ・メヒカーナ」さんで食べることができます。

では、この重さ3キロの巨大ロングタコス「TACOZILLA(タコジラ)」とはどのようなものなのでしょうか?

全長1メートルの巨大タコス「TACOZILLA」


全長1メートルの巨大タコス「TACOZILLA」(タコジラ)があるのは、東京・六本木のお店、メキシカングリル&ワイン「La Cocina GABRIELA Mexicana」(ラ・コシーナ・ガブリエラ・メヒカーナ)」というメキシコ料理のお店です。

TACOZILLA(タコジラ)

2016年4月26日頃からメニューされており、価格も公表されています。(写真は公式サイトより)

ひとり2500円(5人で1メートルをシェア)
1本13500円

巨大タコスのお値段は、1メートルの巨大タコスを5人でシェアする形でひとり2500円とのことでした。1本売りもあるようで、5名以下の場合は1本13500円となっていました。

特典として、これをひとりで食べた場合はお店の「スペシャルディナーにご招待」とのことです。

予約して行った方がよさそうですね。

メキシコのTACOZILLA


メキシコでは「TACOZILLA」というのは8ドルほどで売られているそうです。タコスと日本の「ゴジラ」をあわせたネーミングの商品です。ただ、大きさは普通のタコスです。

メキシコには他にもピザのような大きいタコス「トラジューダ」などもありますね。

ラ・コシーナ・ガブリエラ・メヒカーナ

六本木の「ラ・コシーナ・ガブリエラ・メヒカーナ」さんですが、この界隈でステーキを食べる際にオススメのお店です。

九重部屋の千代大海さんのTweetでも紹介されたことがあります。

なにげに写真撮影が上手みたいです。

お肉は見ての通り、豪快なブロック肉を使用し、それを薪で焼き上げるステーキです。

メキシコ料理のお店で、ワインの取りそろえも多くあります。

ランチはラップロールやタコスにエンチラーダスなどのランチセットが1100円~1600円であります。いずれも、スープ・サラダ・ドリンクのセットです。

東京都港区六本木7丁目15−10 クローバービル2階
営業時間:11:30~15時、17時~24時(土日は12時~23時)
定休日:無休
URL:http://gabriela.jp/

有吉ゼミ 7/11 ギャル曽根の巨大グルメ


7/11『有吉ゼミ』では、ギャル曽根さんが巨大グルメにチャレンジします。

他にもお店が紹介されるますが、以下の店舗だと思われます。


スーパーマンモスブリュレが、7/11放送『有吉ゼミ』の「ギャル曽根 メガ盛りチャレンジグルメ」で紹介されます。スーパーマンモスブリュレは、千葉県船橋市2BOUZE」の巨大な総重量4キロのスイーツです。「マンモスブリュレ」と「スーパーマンモスブリュレ」の2種類があります。


有吉ゼミ 7/11 ギャル曽根の巨大グルメの予告は以下のとおりです。

(1)3キロのロングタコスに謎の大食い美女参戦でギャル曽根ピンチ!
(2)4キロマンモスブリュレにHIROと挑む!
(3)ゴルゴVS激辛に、あのイケメン俳優がまさかの参戦!

Sponsored Link


【当店限定スマホからエントリーで最大ポイント31倍】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。