嵐の櫻井翔 イモトアヤコ 鳥取の名峰・大山で『嵐にしやがれ 3時間SP』撮影ロケ

嵐の櫻井翔さんとイモトアヤコさんが3月14日に鳥取県大山(だいせん)」で目撃されていたのですが、鳥取の名峰・大山にふたりで登山した様子が4月15日放送の『嵐にしやがれ 3時間SP』で放送されます。それも一番険しいルート「大山北壁」を、冬の雪がまだまだ積もっている3月に行くという過酷なロケです。

たぶん、ゲストがイモトさんだったためにとんでもない過酷なロケになったのでしょう。櫻井さんもかわいそうに。

広告

鳥取の名峰・大山で「嵐にしやがれ 3時間SP」撮影ロケ

鳥取の名峰・大山『嵐にしやがれ 3時間SP』4月15日放送回で紹介されます。

企画は「櫻井翔の8時間の翔旅行」で、嵐の櫻井翔さんとイモトアヤコさん(鳥取出身)が鳥取の名峰・大山の登山にチャレンジするという企画です。

上の場所は、その大山に登山する入口(北壁ルート)の入口なのですが、ここで嵐の櫻井翔さんとイモトアヤコさんが目撃されていました。

ちなみに「大山」は「だいせん」と読みます。

モンベル 大山店でオープニングの撮影ロケ

撮影ロケは2017年3月14日に行われており、大山寺の手前にある「モンベル 大山店」でオープニングの撮影ロケが行われているのが予告から分かっています。

山の中にあるアウトドアショップで、登山口に隣接する所にあるので、登山者の基地のような存在です。

上の映像の奥は川のように見えますが「砂防ダム」が整備されており、手前に「モンベル 大山店」があります。

鳥取県西伯郡大山町大山115
営業日:10時~19時
定休日:年中無休

鳥取の名峰・大山とは?


鳥取の名峰・大山

鳥取の名峰・大山

嵐の櫻井翔さんとイモトアヤコさんが登山に挑戦したのは「大山北壁」からの登山のようです。

これは「モンベル 大山店」でオープニングを撮影ロケしていることでも分かります。

大山北壁

大山北壁

大山北壁へのチャレンジは「モンベル 大山店」から登山する「大山北壁」ルートで、近くには「砂防ダム」が整備されているように険しい傾斜の山です。

特に「大山北壁」ルートが一番険しいとされるルートです。

砂防ダムから見た北壁

砂防ダムから見た北壁

夏場でも山頂が白く見えますが、これは雪ではなく「瓦礫」です。

鳥取県の大山は崩落が多い山として知られ、砂防ダムが整備されているのもそのためです。

今回、この一番難関のルートを登山するのですが、標高「1729メートル」で、完全歩きで、季節的には大雪が降っておりピッケルを使わないと登山しづらい山です。

普通、こんな山にロケ行くのかと思うわけですが、実際に3月14日に目撃されており、その状況が4月15日放送の『嵐にしやがれ 3時間SP』で紹介されるということです。

鳥取県西伯郡大山町大山115
URL:http://www.daisen.jp/kanko/

嵐にしやがれ 4月15日 予告


嵐にしやがれ 4月15日 予告は以下の通りです。

豪華!4時間超SP「嵐にしやがれ3時間拡大版」&24時間テレビ重大発表SP
今夜24時間テレビ、パーソナリティー発表SP&嵐と豪華競演7連発▽亀梨・山P超レア2ショット参戦、MJとガチ対決▽米倉涼子初登場、失敗しない女優の失敗しまくり初早押し▽星野源&大野ガオトコ飯&逃げる犬と犬ダンス▽イモト櫻井鳥取で雪山登山&イモト実家に乱入▽二宮は王者とスキージャンプ対決で真剣勝負▽新企画!沢尻エリカ記念館でエリカ様絶叫!▽ゆずのリアル隠れ家に相葉が潜入▽パーソナリティーは誰?

広告


【送料無料】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】【5400円以上まとめ買いで送料無料対象商品】(lf)


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。