クレールオイスター @広島県でしか採れない幻の牡蠣

広島県の大崎上島には「塩田熟成牡蠣(クレールオイスター)」という牡蠣のブランドがあります。最近、注目されている食材で「広島県でしか採れない幻の牡蠣」とも言われています。この牡蠣はファームスズキという養殖場で生産されているもので通販でも入手が可能です。

2016年2月2日に嵐の松本潤さん(松潤)さんも訪問して「クレールオイスター」を味わっており2016年2月27日放送『嵐にしやがれ』でも紹介されることになっています。

広告

広島県でしか採れない幻の牡蠣「クレールオイスター」


広島県でしか採れない幻の牡蠣「クレールオイスター」

広島県でしか採れない幻の牡蠣「クレールオイスター」

広島県の大崎上島の牡蠣養殖場「ファームスズキ」さんで、広島県でしか採れない幻の牡蠣と言われる生食専用の牡蠣「クレールオイスター(塩田熟成牡蠣)」が養殖されています。

塩田熟成」となっているように、海で育った牡蠣を「塩田」で育てることで「味に深みが出る」とされている牡蠣の養殖法です。

元はフランス(牡蠣の本場)で行われている養殖方法で、塩田に住む植物プランクトンを主食とした牡蠣は緑色を帯びた牡蠣に育ちます。(個体差で緑色にならない場合もあります)

塩田で育った牡蠣は栄養をよく吸収するため「ふっくら」となり「甘味がある」と言われています。

甘くて大きい「クレールオイスター」


クレールオイスターは海から塩田に移されて熟成されます

クレールオイスターは海から塩田に移されて熟成されます

通常は海で育てて出荷されますが、クレールオイスター海から塩田に移されて熟成されます。

牡蠣は、塩田の植物性プランクトンを餌として、じっくりと半年間ほど育てられるのですが、その際に豊富な栄養分を含む植物性プランクトンを食べることで「ふっくら」とした大きな牡蠣に育つのです。

味も旨味が濃くなり、ほんのり甘いとも言われている牡蠣です。

・塩田で熟成(育てた)牡蠣
・ふっくらと大きな牡蠣になる
・ほのかな甘みも感じられる
・ストライプオイスター(縞牡蠣)というのもある

クレールオイスター 通販・お取り寄せ


クレールオイスターは通販でお取り寄せ可能です

クレールオイスターは通販でお取り寄せ可能です

この「クレールオイスター(塩田熟成牡蠣)」ですが、楽天でファームスズキさんの商品が購入可能です。

価格はLサイズ(130g)のものが12個で5400円と、かなりの高額です。

しかし、このクレールオイスターが美味しいと評判で、2016年2月2日に嵐の松本潤さんも訪問して「クレールオイスター」を食べています。

広告


ファームスズキさ「塩田熟成かき」

クレールオイスターが『嵐にしやがれ』で紹介されます


松本潤さんも食べた「クレールオイスター」

松本潤さんも食べた「クレールオイスター」

2016年2月27日放送『嵐にしやがれ』で「MJが収穫!広島県でしか採れない幻の食材を食べたい!」というのが放送予定になっています。

これは、2016年2月2日に大崎上島(広島)で、嵐の松本潤(松潤)さんが「クレールオイスター」の生産者である「ファームスズキ」さんを訪問して撮影ロケした回になります。

嵐の松本潤さんが大崎上島(広島)で2016年2月2日に撮影ロケ

大崎上島(広島)で「牡蠣・車海老・スズキ・アサリ」などを養殖している「ファームスズキ」さんで、2016年2月2日に嵐の松本潤さんが目撃されています。

前述の「クレールオイスター(塩田熟成牡蠣)」の養殖場にいる所が目撃されており、実際に嵐の松本潤さんがクレールオイスターを食べています。

この様子が、2016年2月27日放送『嵐にしやがれ』で放送されるということです。

広島県豊田郡大崎上島町東野垂水37-2
URL:http://farmsuzuki.jp/

Twitterの口コミや感想


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。