水炊きいろは @博多 赤鶏の水炊きが『嵐にしやがれ』に登場

12月9日放送『嵐にしやがれ』で「水炊きいろは」さんが紹介されるようです。草刈正雄さんと鍋を賭けたクイズ対決の商品として、高千穂の赤鶏をふんだんに使った水炊き専門店「水炊きいろは」さんの水炊きが登場するとのことです。

水炊きいろはさんは、昆布と鶏の白湯スープで水炊きにする鶏鍋が知られています。

広告

博多 鶏の水炊きが『嵐にしやがれ』に登場


博多「水炊きいろは」の鶏の水炊きが『嵐にしやがれ』で紹介

博多「水炊きいろは」の鶏の水炊きが『嵐にしやがれ』で紹介

12月9日放送『嵐にしやがれ』で、博多の水炊き専門店「博多味処水炊き いろは 本店」さんの鶏の水炊きが紹介されるようです。

テレビガイドを見ていたところ、ゲスト草刈正雄さんと鍋を賭けてクイズ対決をするという内容で「著名人も多く訪れる有名店の鍋料理」と書かれていました。

・毛ガニを使った絶品鍋(吉次蟹蔵・カニバター大根鍋
・著名人も多く訪れる有名店の鍋料理(水炊きいろは)
・牛肉を使った鍋

この中の「著名人も多く訪れる有名店の鍋料理」というのが現在判明しており、博多座のすぐ近くにある有名店「水炊きいろは」さんです。

水炊きいろはの鍋

そして水炊き。 壁一面芸能人。 とんねるず、EXILE、さんま、安室奈美恵 たのしすぅ!。

印藤 大地さん(@daichi.94)が投稿した写真 –

博多では水炊きが名物で、鶏の白湯スープで炊く鶏の水炊き専門店が、創業昭和28年の老舗「博多味処水炊き いろは 本店」さんです。

1人前が4700円(地鶏水たきコース)するのですが、非常に人気のあるお店です。

水炊きに使う鶏は「ふもと赤鶏」で、柔らかくきめの細かい肉質です。低脂肪、低コレステロールの旨味とコクのある鶏肉として知られているものです。

この骨付き鶏肉と昆布で鶏白湯スープを作り、そのスープをさらに鶏ガラで煮たものです。白湯は丁寧に鶏油を取り除くので白いキレイなスープになります。

それで赤鶏を水炊きにして「甘めのポン酢柚子胡椒」などでいただきます。

博多味処水炊き いろは 本店


「水炊きいろは」さんは、博多・中州にあります

「水炊きいろは」さんは、博多・中州にあります

大阪にも支店があり「梅田店宗右衛門町店北新地店」がありますが、博多の本店は予約必須で、その予約もなかなか取れません。

昭和28年にすき焼きのお店として開業したので、メインは「すき焼き」なのですが、今は「水炊き」を食べる方でにぎわいます。

「すき焼き」は一人前6700円から、「水炊き」は一人前4700円からとお安くはありません。

博多座の近くにあるため、俳優さんなどの著名人が多く訪れることでも知られていて、店内には有名人のサインが多数貼りだされています。

・中村芝翫さんと中村歌之助さん
・サザンオールスターズ
・B’z稲葉さん
・乃木坂
・とんねるず
・EXILE
・さんま
・安室奈美恵さん
・東方神起

広告


あす楽対応[博多水炊き]博多 水炊きセット福岡発!【送料無料】ありた鶏使用!絶品白濁スープ ありた鶏つみれ付き 楽天 通販 で 販売 ! [n][*]【RCP】福岡の水炊きセット【2015 誕生日 内祝い】

福岡県福岡市博多区上川端町14−27 いろはビル
営業時間:18時~23時(予約制)
定休日:月曜
URL:http://hakata-iroha.net/hakata.html

Twitterの口コミや感想

嵐にしやがれ 12月9日 予告


嵐にしやがれ 12月9日 予告は以下の通りです。

草刈正雄この冬食べたい鍋
ゲスト・草刈正雄を迎えこの冬食べたい鍋マッチ!
今回は、この冬絶対食べておいたほうがよい鍋が集結。
クイズに正解できなかったたった1人だけ食べれないマッチ!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。