シーサイド磯貝 真鱈料理 @新潟県糸魚川市『満天☆青空レストラン』で紹介

新潟県糸魚川市の鮮魚店(飲食店)「シーサイド磯貝」さんが、11月25日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されるようです。予告では店名は書かれていませんが、「シーサイド磯貝」さんで宮川大輔さんが目撃されています。食材は冬の鍋に最適な「真鱈(まだら、寒ダラ)」です。

その真鱈料理を、フェルエッグさんの「自家製たまごと黒酢の濃厚マヨネーズ」で食べるそうです。

広告

シーサイド磯貝(新潟県糸魚川市)『満天☆青空レストラン』で紹介


新潟県糸魚川市「シーサイド磯貝」さんお真鱈(寒ダラ)料理が紹介

新潟県糸魚川市「シーサイド磯貝」さんお真鱈(寒ダラ)料理が紹介

11月25日放送『満天☆青空レストラン』で、冬の食材「真鱈(まだら、寒ダラ)」が紹介されます。

真鱈(寒ダラ)は、冬の鍋に一番合う白身の海魚で、厳冬の日本海で獲れる最高の食材です。

11月頃が一番の旬の時期になります。

今回、この真鱈料理を担当するのが「シーサイド磯貝(新潟県糸魚川市)」であることが判明しています。

厳冬の糸魚川市(日本海)

厳冬の糸魚川市(日本海)

撮影ロケは新潟県糸魚川市の鮮魚店・食事処「シーサイド磯貝」さんで行われており、料理も「シーサイド磯貝」さんのものです。

能生港で水揚げされた鮮魚を扱っているお店で、料理を食べることもできます。

今の時期なら「真鱈牡蠣ズワイガニ」などの秋の味覚が出回っており、放送後は反響で混雑するのが予測されます。

定食は1200円程度で、ランチなどもあります。

シーサイド磯貝 基本情報

シーサイド磯貝さんの場所ですが、糸魚川市(いといがわし)の国道8号線沿いにあるレストランと鮮魚店です。

南に「能生漁港」があり、そこで水揚げされた鮮魚を使った料理が提供されていました。

ちなみに、公式サイトはクロームでは表示できない「IE」専用サイトなので、閲覧する場合はブラウザを「インターネットエクスプローラー」にしてください。

新潟県糸魚川市藤崎 藤崎35−1
営業時間:11時~18時
定休日:火曜日
URL:https://ichiyama-isogaisengyo.com/

フェルエッグの自家製たまごの濃厚マヨネーズ

なお、今回の真鱈料理では、糸魚川市のケーキ店「フェルエッグ」さんも紹介されます。

自家製たまごの濃厚マヨネーズも販売しており、そのマヨネーズで真鱈料理を食べるとのことでした。

なお、通販は公式サイトのみで「自家製たまごと黒酢の濃厚マヨネーズ」と「自家製たまごとりんご酢の濃厚マヨネーズ」で食べるそうです。

自家製マヨネーズで、価格は756円となっていました。

新潟県糸魚川市平牛2116
営業時間:10時~18時
定休日:木曜
URL:https://f-agg.shop-pro.jp/

Twitterの口コミや感想

日本テレビの 満天青空レストランの収録(´・ω・`) #能生 #日本テレビ #磯貝鮮魚店 #シーサイド磯貝

Youki OnOさん(@youkick5351)がシェアした投稿 –

#Repost @yhrfuk with @repostapp ・・・ かに丼 #糸魚川 #新潟 #能生 #シーサイド磯貝

糸魚川観光大使[非公認]さん(@itoigawa_j)がシェアした投稿 –

満天☆青空レストラン 11月25日 予告


満天☆青空レストラン 11月25日 予告は以下の通りです。

今が旬!プリプリの寒ダラ!台風接近…大荒れの中漁できる?
今が旬!プリプリの寒ダラを特集!しかしロケ日には台風が最接近!荒れ狂う新潟の海…果たして漁に出られるのか!?▽たっぷり太って弾力ある身の寒ブリを、昆布〆にしてお寿司に!さらに今の時期最も濃厚で味が濃い白子を天ぷらで!クリーミーな味わいに「うまい」連発!▽深海に住むタラは肝に栄養を蓄える…その極上の肝を煮付けで!▽さらに地元で大評判の濃厚マヨネーズを使ってムニエルに!▽最後は身・肝・白子を入れたお鍋


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。