南部太ねぎ 達者村@青森南部町の伝統野菜『青空レストラン』で紹介

南部太ねぎがまたテレビで紹介されます。10月28日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるのですが、一度廃れていた在来ネギを復活させたというエピソードなどテレビで取り上げやすいのが「南部太ねぎ」です。太ネギの一種で、いわゆる葉ねぎと呼ばれるものです。

通販価格は、2kgで4000円(送料、税込み)くらいです。

広告

南部太ねぎ @青森南部町『青空レストラン』で紹介


太葱の葉に蜜(ショ糖)が見えます

太葱の葉に蜜(ショ糖)が見えます

青森県南部町の伝統野菜「南部太ねぎ」が、10月28日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されます。

10月13日に、宮川大輔さんとゲスト伊藤一朗さん(Every Little Thing)に三浦大輔さんが、青森県青森県三戸郡南部町を訪問して撮影ロケが行われていました。

柔らかいネギで、機械で刈り取ることができないし、病気にも弱く栽培の難しい昔ながらのネギであるため、生産者がひとりしかおらず廃れる直前だったのを「名久井農業高校」の生徒が復活させたというのは有名な話です。

2015年『鉄腕DASH』で杉澤農園(杉澤均和さん)の「南部太ねぎ」が紹介されたり、2016年12月14日のNHK『ガッテン!』にて南部太ねぎが紹介されて「ネギパワーで免疫力アップ」などと煽っており「人気が出ているブランドねぎ」です。

生産者は南部町の6人~10人程度とされ「幻のネギ」と呼ばれていたりしますが入手が難しいというものでもありません。

広告


南部太ねぎ 公式通販

南部太ねぎ 通販で購入可能

#JAPAN#AOMORI#青森#田子町#タプコプマルシェ#南部太ねぎ

Sachikoさん(@sawada_sachiko)がシェアした投稿 –

相場的には2kgで4000円(送料、税込み)・・・・と、かなりお高くなっています。

南部太ねぎの旬は「10月上旬~12月上旬」まで、通販は「特定非営利活動法人 青森なんぶの達者村」で行われています。

南部太ネギ農家
杉澤農園(杉澤均和さん)
谷坂拓美さん
沼畑総合ファーム(沼畑俊吉さん)
工藤たま子さん
大下千鶴子さん

元々、南部町の在来ねぎを品種改良して大正7年から栽培されていましたが(品種登録は昭和39年)、近年では生産者はひとりだけという事態になっていたのを「名久井農業高校」の生徒が復活させ、今では数件の農家で栽培しています。

ちなみに、南部太ねぎは京都のネギ「九条ねぎ」と似ている葉ネギです。

葉っぱの部分が柔らかく、すぐに折れてしまうなど「九条ねぎ 黒種」とソックリなので、関西だったら九条ねぎを食べれば良いでしょう。

広告


九条ねぎ

なお、九条ねぎと同じく・・・・そのまま食べると美味しくはないですが、加熱すると甘くなり、トロトロとしてきます。

合うお料理は、なんといっても「すき焼き」です。

最近、寒くなってきたので、ネギのたくさん入った鍋で風邪予防するのも良いですね。

青空レストラン 10月28日 予告


青空レストラン 10月28日 予告は以下の通りです。

宮川大輔&伊藤一朗&三浦大輔が青森へ!強い甘みとフワッと柔らかな食感を持つ極上のネギが登場!!
強い甘みと柔らかな食感を持つ極上の太ネギを特集。育てにくさから絶滅寸前まで追い込まれた南部太ネギを、地元の女子高生が見事に復活させた!▽炭火で3分ほどじっくり焼きトロトロのネギ焼きが完成!かぶりつくと溢れ出す甘みとうま味!さらに、手羽と太ねぎを甘辛く煮詰めた照り焼きに感動!太ねぎを豚肉で巻いて「ネギ味噌豚肉巻き」も!▽青森が誇るシャモロックと太ねぎを使ったせんべい汁で乾杯!!


九条ねぎの産地偽装が10月25日に報道されました。京都には「九条ねぎビジネス」というのがあり、京野菜のブランド認定「九条ねぎ」は人気があって大儲けできるのですが、需要に対して供給が追い付かなかったり、利益を増すために「産地偽装」をしている例があるという話です。



「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。