実生柚子こしょう @西米良村・中武ファーム『青空レストラン』で紹介か

宮崎県西米良村中武ファーム「柚子こしょう」9月16日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されそうです。予告で緑色の「実生柚子こしょう」が映っており、標高の高い山村「西米良村(にしめらそん)」の柚子畑で宮川大輔さんとゲストの大野拓朗さんが「柚子こしょう」で食べる料理を紹介するようです。

「柚子こしょう」は大分発祥の九州特産品で、柚子の皮と唐辛子で作ります。

蕎麦の薬味でよく見ますよね。

広告

西米良村・中武ファーム『青空レストラン』で紹介か


青柚子と青唐辛子でつくる「柚子胡椒」が『青空レストラン』で紹介

青柚子と青唐辛子でつくる「柚子胡椒」が『青空レストラン』で紹介

9月16日放送『満天☆青空レストラン』で「柚子こしょう」紹介されます。

大野拓朗さんがゲストの回で、撮影ロケ地は宮崎県の山奥の山村・西米良村(にしめらそん)という天空の集落です。

宮崎県西米良村(にしめらそん)の特産品は「柚子」で、撮影ロケをしている地点は標高400メートルほどの場所にある「中武ファーム」さんだと推測されます。

予告映像には「中武ファーム」の中武洋文さんらしき姿もありましたので間違いなさそうです。

追記:放送を確認したところ「中武ファーム」の中武洋文さんが出演されていました。標高が700メートルと言っていたので場所は、近くの村所にある「柚子団地」かもしれません。

柚子は寒暖差のある標高の高い山の斜面で栽培されます(写真は京都・水尾の柚子畑)

柚子は寒暖差のある標高の高い山の斜面で栽培されます(写真は京都・水尾の柚子畑)

・西米良村(柚子団地、中武ファームなど)
・西都市
・日之影町
・小林市須木村
・銀鏡(しろみ)

予告では「実生柚子こしょう(みしょうゆずこしょう)」が映っていました。

これは8月~10月まで実る「緑色の柚子(青柚子)」と「青唐辛子」を使った「柚子胡椒」です。

宮崎県は「高知・徳島・愛媛」に次ぐ、日本4位の「ゆずの産地」で、寒暖差の激しい標高の高い山村は特に「柚子」の栽培に適しています。

宮崎県児湯郡西米良村大字横野236番地
URL:http://www.shintomi.ne.jp/~nakatake/index.htm#

実生柚子こしょう(みしょうゆずこしょう)


実生柚子胡椒、蕎麦とかの薬味で使われます

実生柚子胡椒、蕎麦とかの薬味で使われます

柚子胡椒というと「緑・赤」が基本です。

他に「黄色」のものもありますが、色は季節や品種によって変わり、基本的には「唐辛子」の色が柚子胡椒の色になります。

今回の『満天☆青空レストラン』で紹介されるのは「緑色の柚子(青柚子)」と「青唐辛子」を使った「実生柚子こしょう(みしょうゆずこしょう)」です。

柚子胡椒は皮を使うので、黄色のものより緑色のものが使われます

柚子胡椒は皮を使うので、黄色のものより緑色のものが使われます

青柚子と青唐辛子なら緑色黄柚子と赤唐辛子なら赤色の柚子胡椒になります。

青柚子は「実生柚子(みしょうゆず)」と呼ばれています。(早熟の柚子です)

・緑柚子胡椒(青柚子と青唐辛子)
・赤柚子胡椒(黄柚子と赤唐辛子)
・黄柚子胡椒(黄柚子と黄唐辛子)

青柚子を使った方が、香りも酸味も強く、かつ果実の方に栄養が行く前なので、柚子胡椒で使う皮の部分に栄養が多いとされています。

ちなみに「柚子こしょう発祥の地」は、大分県天瀬村です。

西米良村の柚子こしょうは「米良食品」のものが通販で入手可能


広告


西米良の柚子胡椒 通販

西米良村の柚子で作った柚子胡椒は、西米良村の「米良食品」さんで加工されて販売されているので、通販でも比較的簡単に入手が可能です。

宮崎県児湯郡西米良村大字板谷409
URL:http://www.merashokuhin.co.jp/
URL:http://www.merashokuhin.com/

宮崎県西米良村(にしめらそん)

宮崎県西米良村(にしめらそん)は、国道265号という酷道が通る山奥の集落で人口は1000人程度の山村です。

磐長姫(いわながひめ)が住んでいたという伝説が残る村で、磐長姫を御祭神とする「米良神社」があります。

・大山祇命(おおやまずみのみこと)
・磐長姫(いわながひめ)

地名である「西米良(にしめら)」は、米良(よねよし)=おいしいお米のことですが、そこから「米良(めら)」と呼ばれるようになったと言われています。

宮崎県児湯郡西米良村小川

京都の柚子胡椒


胡椒とは、唐辛子のことです(葉も木胡椒といって京都では佃煮にして食されます)

胡椒とは、唐辛子のことです(葉も木胡椒といって京都では佃煮にして食されます)

さて、柚子胡椒の「コショウ」は「唐辛子」のことで、九州が発祥の薬味ですが、京都にはないのでしょうか?

京都でも、おばんざいで「木胡椒(きごしょう)」というのがあるのですが、それも「胡椒」と書いて「唐辛子」のことです。

「木胡椒」は、唐辛子の葉のことなんです。

京都では「柚子胡椒」が特産品として販売されているというのは見かけないのですが、蕎麦屋・和食店では料理の薬味に使う「自家製柚子胡椒」がお店で作られています

京都・水尾も柚子の産地ですが、柚子唐辛子(柚子と一味)は見かけます

京都・水尾も柚子の産地ですが、柚子唐辛子(柚子と一味)は見かけます

九州が発祥の「柚子胡椒」は京都では見ないのですが・・・・

柚子の香りがする唐辛子(柚子唐辛子)は、神社の鳥居の脇にある「七味屋」さんで見かけます。

サラサラした七味唐辛子と同じタイプのものです。

九州が発祥の「柚子胡椒」を京都で買いたい場合は、イオンに入っている「カルディコーヒー(KALDI)」さんへ行くと、九州産のものが売られています。

広告


京都【柚子七味・缶】香り高い実生柚子(みしょうゆず)と、国産唐辛子をブレンドした柚子風味の七味唐辛子です。おうどん、お鍋に。 京都 お土産 贈り物 スパイス 調味料 ユズ 七味とうがらしのお店おちゃのこさいさい

青空レストラン 9月16日 予告


青空レストラン 9月16日 予告は以下の通りです。

香り高い新感覚「天空のゆずコショウ」!辛い…けどうまい!!宮崎名物の地頭鶏の炭火焼きをゆずコショウで!さらにゆずコショウを使った麻婆豆腐やチキン南蛮も登場!
標高700mの山の上で育てた青ゆずで作る「天空のゆずコショウ」!香り高い柚子の風味が引き立つ!宮崎名物・地頭鶏の炭火焼きをゆずコショウで!さらにゆずコショウ麻婆豆腐やゆずコショウエビワンタンスープなど爽やか絶品料理が続々!さらに、ゆずコショウを使ったタルタルソースでいただくチキン南蛮も!!お楽しみに!!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。