のどぐろ(アカムツ)価格は?『青空レストラン』で紹介

のどぐろ(アカムツ)が『青空レストラン』で紹介されるのですが、ここ3年で年々人気が出ておりテレビなどで取り上げられることが多い高級魚です。「のどぐろ」は脂がのった美味しい魚ということで評価が定着しており、100gで550円~880円もする超高級魚です。1尾400gとか500gで3000円を超えてくる価格です。

今回は京都のお魚屋さんを回って価格を調べてきました。

広告

のどぐろ(アカムツ)が『青空レストラン』で紹介


とにかくお高い「のどぐろ」のお値段は?

とにかくお高い「のどぐろ」のお値段は?

7月22日放送『満天☆青空レストラン』で「のどぐろ(アカムツ)」が紹介されるようです。

口の中が黒いから「のどぐろ」と呼ばれ、ここ3年ほどテレビで取り上げられるようになってきたのですが、テニスプレイヤーの錦織圭選手が全米オープン準優勝時にインタビューで「帰国して最初に食べたい物がノドグロ」だったことから一斉にメディアで取り上げられるようになりました。

ということは美味しいの?

脂ののった白身魚です

脂ののった白身魚です

メディアでよく話題になるので「おいしいの?」と思うわけですが、とにかくお高いお魚です。

6月末頃から産卵期なので脂がのって旬といえますが、通年で脂がのった魚で、ここ数年はテレビで紹介されたこともあり値崩れもしていません

では、この「のどぐろ」はいくら位で購入できるのでしょうか?

実際にお魚屋さんで調べてきました。

のどぐろ(アカムツ)価格は?


アゴが出てクチが開いていると「のどぐろ」っぽいです

アゴが出てクチが開いていると「のどぐろ」っぽいです

この「のどぐろ」の価格なのですが、時価なので一概には言えませんが、安いもので100gで550円~高いもので880円くらいで売られていました。

高級鮮魚店で大きさが400gほどの大きな「のどぐろ」だったこともありますが、1尾にすると2500円~3800円くらいになりました。

かなりの高級魚です。

100g 550円~880円
1尾で2500円~3800円くらい

この価格ですが、2017年7月22日に実際に京都のお魚屋さんを回って確認した値段で、時価なのでご注意ください。

ちなみに「板びき網(底引きトロール漁)」で獲られた「のどぐろ」の方が安く、これは大きな網で一斉に確保するので値段が下がっているからです。この漁は新潟近海でしか許可されていません。本来は7月~8月はこの方法は禁漁なので海外産だと思われます。

広告


人気の高級魚のどぐろの干物 「のどぐろ一夜干し 大2尾 (約650g以上)」

青空レストラン 7月22日 予告


青空レストラン 7月22日 予告は以下の通りです。

東京湾でも獲れる!大人気の高級魚・のどぐろを狙い宮川大輔&あばれる君が釣り勝負!果たして「持ってる男」はどっちだ!?▽脂の乗った通称「白身のトロ」に感動!!
実は東京湾でも釣れる超高級魚・のどぐろ…あばれる君と宮川大輔がのどぐろ釣りに挑戦▽白身のトロとも称されるのどぐろを最強フルコースで頂く!まずはのどぐろの湯引き!さらに軽く炙り握り寿司に…塩とすだちで頂けば脂の甘みが一層引き立つ!そして王道の煮付け&あら汁も!!乾杯料理はのどぐろの干物を炭火焼きで!!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。