ハナマンテン(超強力小麦粉)@埼玉県坂戸市が『青空レストラン』で紹介

ハナマンテン(超強力小麦粉)が『満天☆青空レストラン』で紹介されます。ゲストは秋川雅史さん、埼玉県川越市(新河岸)のパン屋「ブーランジェリュネット」さんのパンと、さいたま市氷川参道脇の本格イタリア料理店「リストランテ・オガワ」さんのパスタも紹介されます。

ハナマンテンはタンパク質「グルテン」が多く含まれる小麦粉で柔軟性のある麺やパンを作ることができる強力粉です。

広告

ハナマンテン(超強力小麦粉)が『青空レストラン』で紹介


青空レストランで国産パン用小麦「ハナマンテン」が紹介されます

青空レストランで国産パン用小麦「ハナマンテン」が紹介されます

6月24日放送『満天☆青空レストラン』で扱う食材なのですが、なんと国産パン用小麦「ハナマンテン」が紹介されると予告されていました。

予告では「貴重な国産パン用小麦ハナマンテンで作る!ふわモチパン!」とされており、埼玉県坂戸市(さかどし)の名産品「超強力粉 ハナマンテン」が映っていました。

テレビで「小麦」が取り上げられること自体が少ないのですが、『満天☆青空レストラン』でもパンがメインで紹介されるのは番組初ということで、なかなか珍しい回となりそうです。

パンは埼玉県川越市(新河岸)のパン店ブーランジェリュネット370」さんが紹介され、さいたま市氷川参道脇の本格イタリア料理店リストランテ・オガワ」さんのシェフが、小麦ハナマンテンで作った夏野菜のパスタを披露するようです。

ハナマンテン


硬質小麦品種(プライムハード)である「ハナマンテン」

硬質小麦品種(プライムハード)である「ハナマンテン」

今回紹介される超強力小麦粉というのは、硬質小麦品種(プライムハード)である「ハナマンテン」を使った小麦粉で、埼玉県や長野県で栽培されている品種です。

タンパク質「グルテン」を多く含む(14%)ので、パンや麺の「弾性柔軟性」を求めるために使われています。

スーパーなどで販売されている輸入された小麦の強力粉には、タンパク質「グルテン」がさほど含まれていないため「弾性・柔軟性」はあまりありません。

そこで、パンや麺で使う場合は国産小麦粉やオーストラリア産を使っているのをよく見かけます。

広告


ハナマンテン

ブーランジェリュネット

さて、この強力小麦粉「ハナマンテン」を使って作るパンなのですが、埼玉県川越市(新河岸)のパン屋「ブーランジェリュネット」さんが出演してパンを作るようです。

2002年に東松山市でオープン後に、2008年に川越市に移転しています。

お店のパンも「ハナマンテン」や「北海道産小麦粉」を使っているとのことで、ハード系パンのお店ですね。

埼玉県川越市砂新田2-8-11
営業時間:9時~18時
定休日:週2~3回(不定休)
URL:http://www.boulanger-lunettes.com/index.php

リストランテ・オガワ

今回の放送ではさいたま市氷川参道脇の本格イタリア料理店「リストランテ・オガワ」さんが出演されるそうです。

シェフ・小川洋行さんが、ハナマンテンを使った手打ちパスタを披露するとのことでした。

生パスタで作るお料理がランチなどで食べることができ、1800円~3500円で昼のランチを楽しむことができます。

埼玉県さいたま市大宮区東町2丁目288−1
営業時間:11:30~15時、18時~24時
定休日:日曜
URL:http://www.ristorante-ogawa.com/

満天☆青空レストラン 6月24日 予告


満天☆青空レストラン 6月24日 予告は以下のとおりです。

貴重な国産パン用小麦「ハナマンテン」▽ふっくらモチモチパンに宮川&秋川感動!さらに最高の朝食・エッグベネディクトも登場!最後は夏野菜の生パスタで乾杯!!
貴重な国産パン用小麦「ハナマンテン」…タンパク質が14%も入った超強力粉を使ったふわふわモチモチのパン作り!!▽朝はパン派の秋川さんも感動の食感!ハチミツとバターでトーストを頂く!▽19世紀ヴィクトリア朝のイギリスで生まれたイングリッシュマフィンを使い、最高の朝食・エッグベネディクトも!▽さらに地元の夏野菜を使った生パスタに秋川さん「グラッチェ!」


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。