オニテナガエビ @弘前市相馬「エビのつりぼり」が『青空レストラン』で紹介

日本で唯一のオニテナガエビ養殖場エビのつりぼり」(弘前市相馬地区)が6月17日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。なかなかいい食材に目をつけたと思える企画内容で、これほど入手困難な食材も珍しいです。

ではオニテナガエビとはどのようなものなのでしょうか。

広告

弘前市相馬地区の養殖「オニテナガエビ」が『青空レストラン』で紹介


日本一の桜の名所「弘前城」も『青空レストラン』で紹介

日本一の桜の名所「弘前城」も『青空レストラン』で紹介

6月17日放送『満天☆青空レストラン』は青森県弘前市相馬地区の「オニテナガエビ」が紹介されます。

弘前城」や「りんご公園」など弘前市内も紹介されるとのことですが、5月31日に『ブラタモリ』のロケも来たばかりで、今なんとなく弘前市が来ているのかもしれません。

エビとたわむれてみる✨ #アクアトト岐阜 #オニテナガエビ

大元 麗華さん(@reika.color)がシェアした投稿 –

弘前市相馬地区の「オニテナガエビ」は温泉で養殖されており、淡水では世界最大級の大きさのエビの養殖場があります。

エビのつりぼり」と呼ばれる施設で「日本で唯一のオニテナガエビ養殖場」として知られている所です。

この「オニテナガエビ」ですが通販でも入手は困難とされ、観賞用などで販売されている以外にはお魚屋さんでも扱っていませんでした。

実際にお魚屋さんに聞いたところ「テナガエビ自体の入荷はほぼないです」と言われました。

広告


オニテナガエビ(ブルーロブスター)【こだわりの生体をお届けします 名生園】

相馬「エビのつりぼり」

6月17日放送『満天☆青空レストラン』で、宮川大輔さんが「オニテナガエビ」を紹介している場所は「エビのつりぼり」という日本でただひとつの「オニテナガエビ」養殖所です。

エビが6万匹養殖されており、エビ以外にもイワナ・ニジマスなどの釣りを楽しむことができる場所です。

上のストリートビューの場所と予告の場所が一致しているので間違いありません。

青森県弘前市大字五所字里見43-6
営業時間:9時~17時
定休日:5月~9月の土日祝のみ営業

Twitterの口コミや感想

青空レストラン 6月17日 予告


満天☆青空レストラン 6月17日 予告は以下のとおりです。

温泉で育てた極上食材・世界最大級のオニテナガエビに舌鼓!
ほとんど市場に出回らない珍しい食材…オニテナガエビ!青森県の温泉で育てるその養殖場に潜入…極上のエビを刺身、タイ料理、そしてグリーンカレーで楽しむ!!青森県弘前市にある、ほとんど市場に出回らない珍しい食材…オニテナガエビ!淡水では世界最大級の大きさのオニテナガエビの養殖のヒミツを探る!そしてオニテナガエビの刺身、本格的タイ料理のクンオップウンセン&エビチリ、そして青森の食材をふんだんに使った優しい味のグリーンカレーで乾杯!!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。