3色アスパラガス(田島アスパラ)福島会津が『青空レストラン』で紹介

福島県南会津郡で栽培されている「田島アスパラ」が『満天☆青空レストラン』で紹介され、「緑・紫・白」の三色のアスパラガスで料理をすると6月3日放送分の予告がされていました。緑や白はよく見かけますが、紫色のアスパラガス(パープルアスパラガス)は北海道、栃木、信州などで栽培されています。

では「パープルアスパラガス」とはどのようなものなのでしょうか?

広告

3色アスパラガス(田島アスパラ)が『青空レストラン』で紹介


3色アスパラガス(田島アスパラ) ※転載不可※

3色アスパラガス(田島アスパラ) ※転載不可※

福島県南会津郡の「田島アスパラ」が、6月3日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。

予告では「三色のアスパラガス」が紹介されるとのことで「」のアスパラガスが紹介される予定です。

グリーンアスパラガス
パープルアスパラガス
ホワイトアスパラガス

グリーンアスパラガスは京都でも生産しています ※転載不可※

グリーンアスパラガスは京都でも生産しています ※転載不可※

アスパラガスは「北海道産・佐賀産」がよく知られており、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは日本中で生産されています。

京都でも少量ですが亀岡市や八幡市で生産されたものを見かけます。

しかし、京都にあるのはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスだけです。

グリーンアスパラガスは「太陽を浴びたアスパラガス」で、ホワイトアスパラガスは「日陰育ったアスパラガス」のことなので、京都でも生産は可能です。

しかし「パープルアスパラガス」は少し違うので京都ではほぼ見かけません。

では「パープルアスパラガス」はどこで栽培されているのでしょうか?

広告


福島会津産のアスパラガス通販

パープルアスパラはなぜ紫色なのか?


パープルアスパラガス(紫アスパラ)※転載不可※

パープルアスパラガス(紫アスパラ)※転載不可※

パープルアスパラガス(紫)」は北海道産・福島産などの寒い地方で多く栽培されています。

というのも、パープル(紫)は「アントシアニン」によるもので、寒い地方や寒暖差の激しい場所で栽培されたアスパラガスで見られるものだからです。

一応、京都の農家さんで栽培されるアスパラガスにも紫色がついたものは出るそうなのですが(3月下旬頃まで)、すぐに色が飛んで緑色になるため「京都でパープルアスパラの入手は難しい」(八百屋さん談)とのことでした。

・紫色は「アントシアニン」によるもので品種に左右される
・寒い地域、寒暖差の激しい地域で栽培される
・京都でも春先までは見かけるが色が飛ぶ
・北海道、栃木、信州などで栽培されている
・グリーンアスパラガスは太陽を浴びて緑になる
・ホワイトアスパラガスは日陰で栽培して白くしている

なお、これらの話は実際に八百屋さんでインタビューしたことをベースに記載されています。他ブログで「osumituki.com」の記事内容を転用している事例や写真の転用を見かけますが、オリジナル記事はこのページになります。

広告


三色アスパラガスの通販

満天☆青空レストラン 6月3日 予告


満天☆青空レストラン 6月3日 予告は以下のとおりです。

福島県会津が誇る3色のアスパラガス!グリーン、ホワイト、パープルを食べ比べ!囲炉裏で焼く味噌アスパラがうまい!さらに会津名産の馬肉を使った絶品ベーコンも登場!!
福島県会津が誇る旬のアスパラガス特集!グリーン、ホワイト、パープル…3色のアスパラガスを食べ比べ!さらにエゴマを使った味噌をつけ囲炉裏で焼く絶品味噌アスパラガスも登場!▽さらにもう一つ紹介したい会津の名産が馬肉!実は福島県は熊本県に次ぐ馬肉生産量を誇る!その馬肉を使った絶品ベーコンがうまい!!▽旬のアスパラガスと名物馬肉ベーコンの最強タッグで作るバターライスに宮川&陣内感動!!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。