丹後とり貝(舞鶴とり貝)@京都『青空レストラン』で紹介!実食レビュー

京都府舞鶴市で日本一の漁獲高を誇る「丹後とり貝」が、5月27日放送『満天☆青空レストラン』で紹介してもらえるようです。「丹後とり貝」とか「舞鶴とり貝」と呼ばれ、身のプリプリした甘み濃厚な貝です。

今年は不漁とのことで価格も1300円程度となっていましたが実食レビューしたいと思います。

以下の記事は「osumituki.com」によって行われた魚屋へのインタビューを元にした内容、および独自に撮影した写真を掲載しています。しかし、その内容が「他のまとめサイトに転用されている事例」を確認しています。オリジナル記事はこのページになりますのでご注意ください。

広告

京都の丹後とり貝(舞鶴とり貝)が『青空レストラン』で紹介


京都・舞鶴産「舞鶴とり貝」(丹後とり貝)

京都・舞鶴産「舞鶴とり貝」(丹後とり貝)

5月27日放送『満天☆青空レストラン』で、また京都の紹介をしてくれるようです。

その注目すべき京都の食材とは・・・・

京都・舞鶴市の「とり貝」です。

5月下旬だと、まだ少し早いのですが、これからが出荷シーズンになってくる海の幸です。

とり貝は寿司ネタにもなるポピュラーなものです

とり貝は寿司ネタにもなるポピュラーなものです

とり貝はお寿司のネタにもなっており、安くはありませんが入手が難しいものでもありません。

しかし、今回紹介される「丹後とり貝」なのですが、かなりの高級品であり、かつ今年は不漁なのです。

そのため、身を取り出した箱詰めのものは出荷が少ないみたいで、京都市内では日もちのする貝殻付きのものが少数入荷されているだけでした。

丹後とり貝(舞鶴とり貝) 京都市内で買える場所


京都市北区のこだわり鮮魚店「魚伊」さんでなんとか入手

京都市北区のこだわり鮮魚店「魚伊」さんでなんとか入手

さて、この「丹後とり貝」の気になる価格ですが、一般的な大きさで1貝1300円程度とかなり高級品です。

それも、魚屋さんでもこだわったお店くらいでしか扱っておらず、京都市内で販売が確認できたお店は2店舗だけでした。

・魚伊(京都市北区、地図
・山定(京都市下京区、地図

最近は個人でも京都中央卸売市場で買えるらしいです

最近は個人でも京都中央卸売市場で買えるらしいです

どちらも、京都市内では鮮魚の取り扱いにこだわるお店ですが、5月24日昼の時点で当日入荷分は売り切れていました。

でも、今のシーズンであれば毎日入荷は(たぶん)あるとのことなので入荷自体は問題なさそうでした。

ちなみに、錦市場などで購入する場合はかなり高額になるよと教えてくれました。

また「京都中央卸売市場でも魚屋顔して行けば半値くらいで買えるよ」とも教えてくれました。やっぱり、キャッシュで買ってくれる客は個人でも大事なんだそうです。

とはいえ、そこまで勇気はありませんでした(笑)

丹後とり貝(舞鶴とり貝)実食レビュー


プリプリと引き締まった身は甘く磯の香りがします

プリプリと引き締まった身は甘く磯の香りがします

ということで、今回は京都市北区の「魚伊」さんというこだわりの鮮魚店さんのご協力で、丹後とり貝(舞鶴産)を入手してきました。

お値段(時価)は1個1100円と、やはり高級品ですが、美味しいのですぐに売り切れる人気の貝です。

生で食べる方が濃厚に味わえます

生で食べる方が濃厚に味わえます

今回は「生食ボイル」で食べてみました。

身は甘味が濃厚で、そこに磯の香りが混ざって、なかなかの美味しさです。

生食は慎重に食べましたが、ボイルは丸ごとかじりつけます。

ただし、ボイル直後は中から熱い出汁が飛び出てくるので注意してください。(冷ましてから食べるのがオススメです)

丹後とり貝(舞鶴とり貝)通販は可能?


丹後とり貝は通販の入手は難しいようです

丹後とり貝は通販の入手は難しいようです

この「丹後とり貝(舞鶴とり貝)」ですが、現時点では通販で入手するのは難しいようです。

京都市内であれば、前述した鮮魚店で購入可能ですが、通販だと愛知県産や江戸前のものがあるだけでした。

また、流通しているものはボイルしたものが多いので、生で味わう場合は貝付きを購入する必要があるのでご注意ください。

広告


とり貝の通販

青空レストラン 5月27日 予告


青空レストラン 5月27日 予告は以下のとおりです。

実は高級食材の「とり貝」。京都府舞鶴市の漁師たちが長年の研究の末、日本で初めてとり貝の養殖に成功!新鮮なとり貝の握り&炒め物&炊き込みご飯の極上フルコースに舌鼓
実は高級食材でもある「とり貝」。京都府舞鶴市の漁師達が長年の研究の末、日本初となるとり貝の養殖に成功!知られざるとり貝養殖の方法とは!?さらに、新鮮なとり貝を使った握り&とり貝とたけのこの煮付け&とり貝の炊き込みご飯など、極上フルコースに感動!!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。