練馬大根 @東京・練馬の「すずしろ農園」渡戸章さんが『青空レストラン』で紹介

東京・練馬の「すずしろ農園渡戸章さんが1月14日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されるようです。練馬大根の神様(長老)渡戸章さんは2015年末に『鉄腕DASH』でも紹介されたことがある江戸時代から続く農家さんです。

ではこの練馬大根はどこで作られて、どこで売られているのでしょうか?

広告

練馬「すずしろ農園」渡戸章さんの練馬大根が『青空レストラン』で紹介か


練馬大根でつくったオデン大根

練馬大根でつくったオデン大根

1月14日放送『満天☆青空レストラン』ですが、珍しく都内の野菜「練馬大根」が紹介されるようです。

東京でも練馬区まで行くと畑が多いのですが、そこで有名なのが「練馬大根」です。

青空レストラン』の予告を見ていたところ、東京都練馬区平和台4丁目で「すずしろ農園」を経営する練馬大根の長老(神様)と呼ばれる渡戸章さんが紹介されると思われます。

ゲストの小藪千豊さん・横澤夏子さんに、宮川大輔さんが練馬大根を収穫しているシーンは間違いなく「すずしろ農園」でした。

この方・・・・

実は、江戸時代から続く由緒正しい農家さんなのです。

すずしろ農園の練馬大根

練馬大根は都内のスーパーなどに卸されているので通販などはありませんが、東京に住んでいた頃にはスーパーなどで見かけることが多い野菜のひとつでした。(地方では食べる機会はまずありません)

この付近の関東ローム層は水はけが良い土壌で、大根の栽培に適していることから、江戸時代には栽培されており今では練馬の特産物にもなっている大根です。

形は中心部が太く、両端が細いという特徴がある大根で、味は辛みのある昔ながらの大根です。

最近の品種は甘い大根ばかり(青首ダイコン)ですが、昔の大根は全部辛い大根(白首ダイコン)でおでんにしても苦かった記憶があります。個人的には甘い大根が好きですが、薬味に使うおろし大根はやっぱり辛いものが良いと思います。

沢庵大根として知られている品種で、種も売られていますので、自家農園で辛い大根を栽培するのもよいかもしれませんね。

広告


練馬沢庵大根(ねりまたくあんだいこん) 種子 10ml入り

東京都練馬区平和台4丁目8-8
営業時間:9時~17時
定休日:無休

青空レストラン 1/14 予告


青空レストラン 1/14 予告は以下のとおりです。

同日放送で同じ時間に放送される『ごはんジャパン』でも、三浦半島の白首大根である「三浦大根」が紹介されるということで、今日は大根の日のようです。

三浦大根は生産者が少なく「まぼろしの大根」と呼ばれていますが、白首大根で辛みのある品種なのに「甘い大根」とされているものです。

そちらも2015年初頭に『鉄腕DASH』で紹介されています。(該当記事はこちらです


珍しく都内に出没!あの有名な練馬大根で絶品料理の数々!「辛味大根餅」に一同大絶賛!メイン料理のような美味しさ「大根のグリル」そして定番「あったかおでん」で乾杯!

東京都練馬区といえば、練馬大根!名前は聞いたことがあってもなかなか実物を見たことはないのでは?江戸時代から続く練馬大根、普通の大根より長く、辛味が強い!絶品大根のフルコースをご紹介!かつお節と海苔を混ぜた辛味大根餅は一同大絶賛!大根の葉ごはんは何杯もいける美味しさ!大根のグリルはまるでメイン料理のような美味しさ!そして大人気練り物店が作るさつま揚げと練馬大根がたっぷり入った「おでん」で乾杯!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。