スマ 愛媛・伊予の媛貴海 全身トロの奇跡の魚スマが紹介されます 青空レストラン

Sponsored Link

愛媛の魚「スマ」が紹介されます。これは愛媛県がブランド化した「伊予の媛貴海」(ひめたかみ)のことです。味としては中トロの脂のりと同等でマグロの代用品とも言われます。今回紹介される「スマ」は、愛媛では新たな高級魚として売り出そうとしています。

この「スマ」という魚はどのような魚なのでしょうか?

青空レストランで全身トロの奇跡の魚スマが紹介


スマ(wikiより)

スマ(wikiより)

愛媛県の魚「スマ」が、9/17放送『満天☆青空レストラン』で取り上げられるようです。

マグロのようでマグロではないカツオのようでカツオではない奇跡の全身トロ・スマ」が紹介されるとのことですが・・・・

この「スマ」という魚はどのような魚なのでしょうか?

愛媛県では絶賛売り出し中とのことですが「スマ」はまったく有名ではありません。

実は「スマ」は、これから特産品を目指しているお魚なのです。

全身トロの奇跡の魚スマとは?


スマは愛媛県や和歌山県で養殖されている体長1メートルほどの魚で、サバに類するお魚ですが、近年はマグロの代用品として養殖されています。

スマは「スマガツオ」のことで、他にも「~カツオ」と呼ぶ地方があります。

ホクロガツオ
しまがつお
モンガツオ

関西の三重や和歌山でも獲れるお魚で、今年2016年に和歌山で初出荷されました。

別に「幻の魚」というわけではありません。これまで流通してない(食べられていない)だけです。

(1)マグロの代用魚
(3)和歌山県や愛媛県で養殖
(4)あまり水揚げされないから「幻の」とか言われる
(5)愛媛県でもほぼ知られていない

スマはマグロの代用品?


マグロの代用品とも言われます

マグロの代用品とも言われます

しかし、日本人が大好きなマグロ(クロマグロ)が足りなくなってくると、回転寿司のように「代用魚」でなんとかしようという動きになるわけです。

たとえば、回転寿司ではマグロは「アカマンボウ」や「アロツナス」「ガストロ」が使われるのと本質は同じです。

ただ、「スマ」はマグロと同じで高級魚として売り出す戦略でブランド化する方向で動いています。

伊予の媛貴海(ひめたかみ)

平成24年度から愛媛大学南予水産研究センターで、このスマをマグロの代用魚にする研究をしてきています。「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」というブランド名で売り出すためです。

平成25年には愛媛県が共同研究に加わり、研究事業費が約10倍の2500万円にまで増え、実証実験して平成28~29年に出荷を目指しています。

伊予の媛貴海(ひめたかみ) リリース資料より抜粋

伊予の媛貴海(ひめたかみ) リリース資料より抜粋

2016年1月14日に愛媛県は記者向けに試食会を開催して、発売開始までの宣伝も行ってきています。また、先日(9/8)もJR伊予長浜駅で養殖スマのお披露目会を催しています。

このように、最近出てきた魚なので、愛媛県でもほとんど知られていないのです。

スマ「海の三ツ星」 スマの全国出荷は和歌山県が最初


スマの全国出荷は和歌山県が最初(和歌山県広報資料より抜粋)

スマの全国出荷は和歌山県が最初(和歌山県広報資料より抜粋)

ちなみに、全国で初出荷をしたのは和歌山県で、平成28年1月16日に試験販売を開始し、全国に40匹出荷しています。

和歌山県ではブランド名を「海の三ツ星」として、一足早く販売開始までこぎ着けています。

このあたり、愛媛県と和歌山県のバトル感がありますね。

全身トロの奇跡の魚スマ まとめ


全身トロの奇跡の魚スマは、近年になって愛媛県と和歌山県は養殖の実証実験をしている魚です。

これまでも天然魚は多少ながら存在していたのですが、数が少なく流通していませんでした。

そのため「幻の魚」と言われていましたが、これを養殖してマグロの代用品としてブランド化を進めているという話です。

(1)2016年に和歌山で初出荷
(2)マグロの代用魚
(3)和歌山県や愛媛県で養殖
(4)あまり水揚げされないから「幻の」とか言われる
(5)愛媛県でもほぼ知られていない
(6)愛媛のブランド名は「伊予の媛貴海」(ひめたかみ)
(7)和歌山県のブランド名は「海の三ツ星」

太刀魚の鏡盛り 宮川大輔 周防大島で9/2『青空レストラン』の撮影ロケ

Sponsored Link


【送料無料】極上本まぐろ大トロ1kg<築地の王様ブランドまぐろ>大トロはまさに王様の味!【鮪】【マグロ】【まぐろ】【本マグロ】【築地】【海鮮】【刺身】【クロマグロ】【お祝い】【レシピ】【ギフト】【smtb-T】【楽ギフ_のし】【あす楽】r


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。