長谷川の自然熟成豚 青空レストランの食材に抜擢(青森県鰺ヶ沢町)

Sponsored Link

青森県鰺ヶ沢町のブランド豚「長谷川の自然熟成豚」が、8/13放送『満天☆青空レストラン』で食材として紹介されます。「長谷川の自然熟成豚」は長谷川自然牧場さんで自然の飼料や水でじっくり育った豚のことで、十和田ミートさんからボンレスハムが販売されています。

サシの多い豚肉と言われており、昔ながらの本来の豚の味と評判になっています。

長谷川の自然熟成豚が青空レストランの食材に抜擢


世界遺産「白神山地」の水で育つ豚

世界遺産「白神山地」の水で育つ豚

青森県鰺ヶ沢町の「長谷川自然牧場」で育つ豚「長谷川の自然熟成豚」が『青空レストラン』の8/13放送回で紹介されるようです。

鰺ヶ沢町では代表的な豚のブランドである「長谷川の自然熟成豚」が取り上げられることで、鰺ヶ沢町の食材のほとんどがテレビで紹介されることになります。

(1)鰺ヶ沢ヤリイカやヒラメのヅケ丼
(2)幻の魚イトウ
(3)イカメンチ

世界遺産「白神山地」という世界最大級のブナ天然林から流れ出る超軟水「白神山地の水」のわき出る土地でもあり、その水で育つ豚が今回紹介される「長谷川の自然熟成豚」です。

長谷川の自然熟成豚とは?

自然熟成」とは聞き慣れない言葉ですが、豚を自然熟成というのは想像するのが難しいと思います。

豚の自然熟成というのは、薬品などに頼らず、飼料(エサ)も野菜や残飯を発酵させた自然なものを使い、通常よりも長くじっくりと太らせて出荷される豚肉という意味で使われています。

それを生産している「長谷川自然牧場」では、その豚を「長谷川の自然熟成豚」というブランドで販売しているわけです。

自然の木酢や酵母飼料で育成
白神山地の天然水を使用
通常よりも長い4ヶ月間かけてじっくり育成

長谷川の自然熟成豚 通販お取り寄せ


このお肉を使ったボンレスハムやソーセージが十和田ミートから「橅の薫(ぶなの薫)」という商品名で販売されており、通販でも購入可能となっています。

Sponsored Link


長谷川の自然熟成豚

長谷川自然牧場 基本情報

長谷川の自然熟成豚を生産・販売しているのが、鰺ヶ沢町にある「長谷川自然牧場」さんです。

生産している「自然熟成豚」は結構有名なので、青森県内の商業施設のレストランなどでも扱っていることもあります。

公式サイトでも通販しているので、そちらで豚肉を入手することも可能です。

ただし、公式サイトではFAXのみの注文となりますのでご注意ください。

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町北浮田町平野110
URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~hasegawasizenbokuzyou/


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。