伊藤農園の完熟みやこかぼちゃとプッチィーニ(三浦市)

Sponsored Link

伊藤農園(三浦市)完熟みやこかぼちゃプッチィーニが、7/9放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。プッチィーニはミニ・カボチャのことでハロウィンでよく見るカボチャですね。この「プッチィーニプリン」がものすごく甘くて、ゲストのSexyZone菊池風磨さんが大絶賛する様子が放送されるとのことです。これは見逃せません。

なお、伊藤農園(三浦市)さんの完熟かぼちゃは厳選食品安心堂(ネット通販)で購入可能です。

青空レストラン


7/9放送『満天☆青空レストラン』で神奈川県三浦市初声町の「完熟かぼちゃ」と「プッチーニ」が紹介されます。

ゲストは、SexyZone菊池風磨さんで、地元の野菜を使った「プッチーニのプリン」を大絶賛したそうです。

では、この「完熟かぼちゃ」と「プッチーニ」を生産している農家さんとは、どこのことなのでしょうか?

調査してみたところ、神奈川県三浦市初声町の「伊藤農園」さんであることが分かっています。

伊藤農園の完熟みやこかぼちゃ


かぼちゃ(南瓜)

伊藤農園(代表:伊藤克己さん)は、神奈川県三浦市初声町にある農家さんで、通常の収穫時期より長い45日間(1.5倍)かけて「完熟かぼちゃ」を栽培しています。

さらに、こういったデンプン質を多く含むイモなどは、収穫した後に「追熟」という工程を入れて、でんぷん質を糖質に変化させて糖度を上げるということをします。

そのため、甘くて柔らかい「完熟かぼちゃ」が出来るというわけです。

(1)通常より長い栽培期間
(2)収穫後の「追熟」で糖度をアップさせている

Sponsored Link


北海道富良野産 白い南瓜(かぼちゃ) 雪化粧(ゆきげしょう)10kg【4−8玉入】 送料無料

伊藤農園のプッチィーニ


プッチィーニはハロウィンで使われています

もうひとつ栽培しているのが「プッチィーニ」です。これもカボチャの種類ですが、デザートなどに使える甘みの強いカボチャとして知られており、今回はこれでプリンを作ったようです。

通称「ミニカボチャ」として販売されています。「プッチィーニ」だと覚えづらいです。また、食用よりも観賞用として通常は販売されています。

でも、皆さんは「プッチィーニ」をよくご存じのはずで、年に一度は見るはずです。

ハロウィンで使われる小さいカボチャが「プッチィーニ」なんです。

Sponsored Link


【送料無料】ハロウィン・ミニかぼちゃギフトセット

伊藤農園さんは、この「プッチィーニ」を食用として生産販売している農家さんです。

当日は、この「プッチィーニ」で「プッチィーニプリン」(かぼちゃプリン)を作ったそうですが、SexyZone菊池風磨さんが大絶賛したそうです。

ちなみに、かぼちゃプリンって美味しいですよね。

なんで、コンビニとかで売らないのでしょうか?不思議でなりません。

Sponsored Link


【あす楽対応】【送料無料】洋菓子/プリン/パンプキンプリン/☆坊ちゃんかぼちゃプリン2個セット☆北海道は送料300円/沖縄・離島は送料800円別途追加

伊藤農園さんのカボチャが買える場所

伊藤農園さんのカボチャが買える場所は、通販以外にも直売があります。

(1)伊藤農園産直販売所
(2)厳選食品安心堂(ネット通販)
(3)ヨークマート横須賀久里浜店
(4)アトレ吉祥寺地下1階「Oisix」
(5)恵比寿三越地下2階「Oisix」
(6)グリーンファーム

撮影ロケは、6/20の天気の良い日に行われたことが「厳選食品安心堂」さんのTwitterで掲載されていました。

神奈川県三浦市初声町和田2730
URL:http://www.anshindo-d.jp/item_search/rootCategoryId,420/


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。