ひげにんにく@新潟県長岡市 株式会社越後808 青空レストランで紹介

Sponsored Link

ひげにんにくは、新潟県長岡市の「株式会社越後808」さんで生産している新・野菜ですが、それが6/11放送『青空レストラン』で告知されると「信越工業株式会社」さんの公式サイトで告知されていました。ひげにんにくは新しいにんにくで、にんにくに根と芽が生えたものです。

では「ひげにんにく」とはどのようなものなのでしょうか?

青空レストラン


「株式会社越後808」さんの公式サイト

6/11放送『青空レストラン』は、お野菜界のニューウェーブ「ひげにんにく」が紹介されます。

撮影ロケは5/7頃だったようで「ひげにんにく」を生産販売する「株式会社越後808」さんの公式サイトでリークされていました。

私も「にんにく」大好きで、最近では酒のオツマミは「揚げにんにく」と「塩銀杏」となっています。

ゲストは「にんにく女子」とも言えそうなハリセンボンのお二人です。

ひげにんにく


では「ひげにんにく」とはどのようなものなのでしょうか?

実は通販などでも結構見かけることがありますが、「ひげにんにく」というのは「株式会社越後808」さんの親会社「信越工業株式会社」さんの登録商標で、他のは類似品とのことです。

平たくいうと「発芽にんにく」のことです。

発芽にんにく自体は前から売られているものですが、芽や根が出てきたニンニクのことを「発芽にんにく」と呼んでいるのです。

昔は捨てられていた廃棄野菜ですが、今回紹介される「株式会社越後808」さんでは「芽と根を生えさせるだけの類似品とは全く違い、味にもこだわって作っています」と書かれているように、発芽にんにくに商品価値をつけて販売しています。

以下は通販などで購入できる「発芽にんにく」です。

Sponsored Link


にげにんにく通販

株式会社越後808

ひげにんにくを生産する「株式会社越後808」さんは「はちまるはち」と読むのが正式ですが、どうみても「やおや」(808)ですよね。

それはともかくとして、親会社は「信越工業株式会社」さんで、その野菜部門会社ということになります。販売をしているのは「信越工業株式会社」さんです。

元々は梱包紐と結束紐の会社さんですが、他にも「青ねぎ(ねぎ名人)」や「発芽にんにく(ひげにんにく)」を栽培するなど異業種に進出しています。

潟県長岡市西川口528
URL:http://www.shinetsu-k.co.jp/index.php

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。