赤マテ貝は春がおいしい!長崎県佐世保市の伝統漁法【青空レストラン】

Sponsored Link

赤マテ貝は普通のマテ貝より赤みの色のついた長崎県佐世保市付近で捕れる海産物のことです。特に針尾瀬戸(はりおせと)の赤マテ貝は「針尾赤マテ貝」と呼ばれており甘みのあるぷりぷり食感の食べ物です。満天☆青空レストランでも紹介されるとのことなので人気が出そうですね。

そしてこの赤マテ貝なのですが、実は驚きの伝統漁法「突き漁」で捕獲されるというのです。突き漁戸はいったい何なのでしょうか?

赤マテ貝


赤マキ貝@長崎県佐世保市

長崎県佐世保市といえば、海産物が豊富な場所で「牡蠣」に「岩牡蠣」そして「ふぐ」、そして私も頻繁に購入する「いりこ」他たくさんの海鮮が食べられる地域です。

そんな佐世保市では「赤マテ貝」というのが獲れることは、地元以外ではあまり知られていません。

特に、針尾島の南に位置する「針尾瀬戸」(はりおせと)で獲れる赤マテ貝は「針尾赤マテ貝」というブランド名で出荷されており、2月から5月にかけて大量の赤マテ貝が水揚げされています。

この赤マテ貝ですが、実は伝統漁法で捕獲されており、それを「突き漁」というのです。

突き漁


赤マキ貝の突き漁

では、この赤マテ貝を捕る針尾瀬戸の伝統漁法「突き漁」とは、どのようなものなのでしょうか?

下のYoutubeの動画は実際にその「突き漁」の風景なのですが、カギのついた鉄棒(針金)がたくさんあって、それに赤貝が突き通っていますよね。

これだけだと、なんだか分からないかもしれませんが、詳しくいうと針金をたくさん海底に突き刺して、砂の中に潜っている赤貝をピンポイントで針金に通すという驚きの漁法なのです。

日本3大急潮の針尾瀬戸(はりおせと)


日本3大急潮の針尾瀬戸(はりおせと)

普通、マテ貝というのは干上がった浜辺にある穴に濃い塩水を入れて、マテ貝が辛抱たまらん!と頭を出してきたところを捕まえるという方法が一般的です。

上のTweetがその風景で、ニョキニョキっと出てきたマテ貝をテキパキと持ち上げていくのがクセになります。

これを熱湯で茹でると貝から中身が出てくるので、それをフライにしたり、バター焼きにしたりするのです。

写真では、マテ貝は黒っぽい色をしていますが、長崎県佐世保市で獲れる赤マテ貝は、うっすら赤いことで知られています。

では、なんで針尾瀬戸では、先ほどのような海底に針金を突き刺して獲る漁法なのでしょうか?

それは、この針尾瀬戸という場所は、佐世保湾と大村湾を結ぶ狭い海峡なので、とっても急流なことで知られているのです。

そのため潜ってとるのではなく、「突き漁」のような方法が採られています。

それだけたくさん赤マテ貝がいるという海鮮の宝庫とも言えますね。

赤マテ貝は春がおいしい


赤マテ貝は2月から5月にかけて美味しい貝です。

味は甘みのあるぷりぷり食感で、私はそのまま食べるのではなく、フライにしてソースで食べることが多いです。

海の香りを味わいたい時は、まぜご飯の具にすると良いと思います。

もちろん、お味噌汁の具にもなりますので、たくさん獲れた日は食卓がマテ貝だらけになりますね。

赤マテ貝の青空レストラン通販


赤マテ貝の通販

赤マテ貝の通販は4/9以降「日テレショッピング」公式サイトから可能です。

楽天などの通販でも普通の「マテ貝」なら購入可能です。

Sponsored Link


マテ貝の通販リンク

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。