幻の魚イトウ 青森県 青空レストイラン

Sponsored Link

2/13放送『満天☆青空レストラン』で青森県西津軽郡鰺ヶ沢町の「幻の魚イトウ」が紹介されます。「鰺ヶ沢町イトウ養殖場」で完全養殖に成功した日本最大級の淡水魚でサケ科の魚です。

通販お取り寄せはありませんが、鰺ヶ沢町には「幻の魚イトウ」を食べられる宿やホテルにお食事処はありました。

2/27放送『ごはんジャパン』でも鰺ヶ沢が紹介されます。

青空レストラン 幻の魚イトウ


2016-02-13_155606

2/13放送『満天☆青空レストラン』は青森県西津軽郡鰺ヶ沢町で「幻の魚イトウ」の完全養殖に成功した「鰺ヶ沢町イトウ養殖場」が紹介されます。

イトウは、日本最大級の淡水魚として知られていますが、年々数を減らして、今では「幻の魚イトウ」とまで言われています。

元々は北海道や青森県に生息するサケ科の淡水魚で、カエルやヘビやネズミも食べるという大きな魚で体長は1~2メートルにもなり、寿命も20年もあるという謎につつまれた魚のことです。

現在、青森県では天然物は存在しないと言われ、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町の「鰺ヶ沢町イトウ養殖場」で完全養殖に成功しています。

鰺ヶ沢町イトウ養殖場

幻の魚イトウは、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町の「鰺ヶ沢町イトウ養殖場」で完全養殖に成功しています。

以前も紹介した超軟水「白神山の名水」などで知られる清水のおいしいエリアです。

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町一ツ森町崩ケ沢22−1

Sponsored Link


【青森八戸加工】脂の乗りが最高!激安銀鮭!02P07Feb16

いとう丼 ドライブイン汐風

地元では、寿司や刺身などで食べるそうで、いくつか食べられる宿やお店もあります。

その中でも「いとう丼」というのがあり、「ドライブイン汐風」さんで食べることができます。

イトウ、初体験♡ 雑味なく綺麗で奥ゆかしい旨み。美味しかった〜(^_^)

@kawachyが投稿した写真 –

他にも「ヒラメのづけ丼」(1000円)が人気とのことです。

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町赤石町大和田38ー1
営業時間:10時~18時(冬は16時まで)
定休日:年末年始
URL:http://www.shokokai.or.jp/02/0232110375/

幻の魚イトウが食べられる所


今では完全養殖に成功しているので、幻の魚イトウが食べられる所が他にもあります。

Sponsored Link


鯵ヶ沢温泉 水軍の宿

そのお宿とは「鯵ヶ沢温泉 水軍の宿」さんのことで、鯵ヶ沢温泉という「化石海水」と呼ばれる古代の海水をくみ上げた強塩泉の温泉です。

日帰り入浴も可能です。

Sponsored Link


ホテルグランメール山海荘

他にも「ホテルグランメール山海荘」というお宿でも食べられるそうです。

海が見える絶景露天風呂のあるホテルで、こちらも30万年前の「化石海水」の温泉です。

鯵ヶ沢温泉 水軍の宿
ホテルグランメール山海荘
ナクア白神ホテル&リゾート

食事処・民宿 なおじろう

鯵ヶ沢町の「食事処・民宿 なおじろう」でも「イトウ料理!!もあります」と告知されていました。

名物は「なおじろうチャンポン」(1296~1404円)だそうです。ここにも「ヒラメのヅケ丼」(1080円)があります。

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町南浮田町米山56
営業時間:
定休日:
URL:http://naojiro.ftw.jp/

青空レストン 2/13 予告


青空レストラン 2/13 予告は以下のとおりです。

天然物は北海道のみで生息し、生態系は謎と言われる魚、イトウ。20年以上をかけて養殖に成功!それは極上の味わいだった!刺身に塩焼き、スモーク…贅沢なフルコースを!
天然物では北海道にしか生息せず、その生態は未だ謎に包まれた幻の魚イトウ。体長2メートルにもなる。青森・鰺ヶ沢では30年前から研究を重ねて、完全養殖に成功。それでも育て上げるのには4年もの歳月をかけなければならない希少な逸品を贅沢にフルコースでいただく!刺身、塩焼き、スモーク、茶碗蒸しに、つみれ鍋…絶品料理に舌鼓!さらに、おつまみにもご飯のお供にもぴったりのイカゴロの塩漬けも登場!

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。