雪菜ふすべ漬け&のし梅@米沢市上長井地区【青空レストラン】

Sponsored Link

1/30放送『満天☆青空レストラン』は山形県米沢市上長井地区の伝統野菜「雪菜(ゆきな)」を使った雪菜ふすべ漬けと山形銘菓「のし梅」が紹介されます。

一度収穫した雪菜を雪の中に置くと、葉の栄養素が茎に集中し大きくなります。冬の栄養不足を補うために用いられる生産方法です。

青空レストラン 米沢市 雪菜


2015-03-01_153225

1/30放送『満天☆青空レストラン』で取り上げるのは、岩手県米沢市上長井地区の伝統野菜雪菜」(ゆきな)です。

ゆきな」とか「せっさい」とも呼ばれています。

もともとは中国で古くから行われていた方法ですが、米沢藩の名君と呼ばれる九代目藩主である上杉鷹山(=うえすぎようざん=上杉治憲=うえすぎはるのり)が冬の栄養不足を補う方法として奨励したことに始まります。(鷹山は隠居後の号)

11月 雪菜を畑から収穫
12月 降雪期に雪菜を藁で囲い土の上に並べる(床寄せ)

雪菜は雪の中で、自身の葉から栄養素を茎に集中させるため、茎が太く栄養たっぷりになります。

雪菜ふすべ漬け

雪菜は、味は甘みがあるのですが、苦みも来る味です。

この雪菜を使った漬け物が「雪菜ふすべ漬け」で、辛みのある漬け物にして食べます。

「ふすべる」は方言で「湯通しする」という意味の通りで、「雪菜ふすべ漬け」は雪菜を湯通ししたものを数日漬けたものです。

湯通しして数日経過すると苦みが出るのが特徴ですが、真空パックしておかないと数時間で苦みが飛んでしまいます。

雪菜を通販でお取り寄せ


Sponsored Link


雪菜ゆきな 漬物  缶詰 中華食材 200g

この製法は中国で古くから伝わる方法で、雪菜は楽天では中国産の缶詰で入手は可能です。

国産のものは米沢市上長井雪菜生産組合で通販可能となっています。

米沢市上長井雪菜生産組合(12/20~2月末)

また、仙台産の雪菜を米麺にしたものは入手可能です。

Sponsored Link


仙台あおばう米麺セット 宮城県産を使用した仙台あおばう米麺 ギフトセット

雪菜ふすべ漬けを通販でお取り寄せ


雪菜ふすべ漬けは真空パックにしたものが通販されています。

米沢市上長井雪菜生産組合(12/20~2月末)
漬物の丸昌(発送は1月末から)

2016-01-30_161313

※画像は公式サイトより

山形県米沢市小野川町の「小野川豆もやし」


山形県米沢市小野川町の小野川温泉では、同じく冬の味覚として「小野川豆もやし」が有名です。

豆もやしを「室堀小屋」という下に温泉の通った小屋で栽培するもので、ミネラル豊富なもやしができあがるのです。

地元では、ラーメンに入れて食べられています。いわゆる、ご当地グルメです。

小野川の豆もやしラーメンについては別記事で紹介しています。

山形銘菓 のし梅(乃し梅)

山形銘菓「のし梅」はグミのようなお菓子で、乃し梅(のし梅)と呼ばれるものです。

のし梅は「お取り寄せ」コーナーで紹介されます。

完熟梅を使った食べ物で、佐藤屋さんで販売しています。

5枚入りで税込540円です。

山形県山形市十日町3丁目10−36
営業時間:
定休日:
URL:http://satoya-matsubei.com/

青空レストン 1/30 予告


青空レストラン 1/30 予告は以下のとおりです。

雪国・山形で雪の中で育つ「葉モノ野菜」雪菜を収穫!その姿は白く、生で食べればシャキシャキ食感、炒めれば甘くなる!米沢牛とすき焼きにすれば味がしみて絶品の味わい!
米沢の冬の味覚・雪菜をご紹介!雪菜とは、全国でも珍しい雪の中で育つ野菜で新芽の部分だけを頂く。豪雪地帯で生きる先人の知恵が生んだ賜物であり、今なお愛され続けている伝統食材!カリカリベーコンと一緒にサラダで、海鮮とオイスター炒めに、牛肉で巻いてフライに…風味も食感も格別!さらに!梅のエキスを寒天で固めた和菓子、米沢に古くから伝わる「乃し梅」作りに挑戦!最後はやっぱり米沢牛のすき焼きで乾杯!

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Sponsored Link


米沢牛 特選牛肩ロース500g【牛肉】【楽ギフ_のし】【東北復興_山形県】【RCP】[05P09Jan16]

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。