鳴門鯛西京漬とレンコン 青空レストランで紹介

Sponsored Link

1/9放送『満天☆青空レストラン』は徳島県鳴門市の高級野菜「鳴門レンコン」と、その鳴門鯛を吉本商店の阿波の白味噌で漬け込んだ有限会社東海産の「鳴門鯛西京漬」が紹介されます。スペシャルドラマ『刑事バレリーノ』の番宣もかねており、中島裕翔さん(Hey!Say!JUMP)のゲスト回です。

鳴門レンコンというのは、全国出荷二位の徳島県産レンコンのことで、通販でも入手可能になっています。

青空レストラン レンコン


2016-01-09_164735

1/9放送『満天☆青空レストラン』は、中島裕翔さん(Hey!Say!JUMP)がゲスト回となっており、徳島県鳴門市のレンコンを取り上げます。

撮影ロケは、2015年12月18日に徳島県鳴門市で行われており、ちょうど鳴門レンコンの収穫最盛期に行ったようです。

これは、スペシャルドラマ『刑事バレリーノ』の番宣ですね。

ちなみに、11/1放送『ザ!鉄腕!DASH!!』でも取り上げられて、TOKIOの城島茂さんと長瀬智也さんが撮影ロケしていた鳴門レンコンです。

れんこん 出張DASH村 徳島・鳴門 撮影ロケ 鉄腕ダッシュ

徳島産レンコンはなぜおいしいのか?


昭和30年代から、この徳島県鳴門市ではレンコン栽培が始まりました。

徳島県はレンコン出荷量が全国二位の県です。(一位は茨城県)

粘土質の干潟で栽培されるのですが、徳島県鳴門市大麻町周辺は広大なレンコン畑が広がっており、どこに行ってもレンコン畑という地域です。

では、なぜ徳島産レンコンはなぜおいしいのか?

海山川に囲まれた豊かな水源
強い粘土質の土壌で育つ
気候が温暖

それは、お酒でも知られる吉野川水系で育つレンコンで、栄養豊富な粘土質の干潟で栽培されているからです。

そのため、ビタミンCと鉄分にカリウムが多く含まれた野菜になっています。

食べ方としては、揚げ物がオススメで、ふっくらしておいしく食べることができます。

レンコンの食べ方

定番はレンコンの天ぷらです。

これを粗塩で食べるとホクホクして格別です。

なんか、XO醤と合うという話もあります。

徳島県鳴門産 レンコン 通販


Sponsored Link


季節の高級野菜 徳島県産 秀品 れんこん 2kg箱

蓮根は通販で鳴門産は、少ないですが流通しています。

一般的には、徳島県産と書かれていれば、そこらへんのレンコンです。

ただ、関西だったら通販よりもスーパーで買った方が入手は容易でしょう。とにかく、傷つきやすいものなのでスーパーで売られているものを見ながら購入すれば良いと思います。

鳴門鯛の西京漬 通販


1/9放送『青空レストラン』では、鳴門海峡で育った鳴門鯛を使った西京漬けも紹介されます。これは、有限会社東海産が生産販売している商品です。

Sponsored Link


鳴門鯛西京漬セット

鳴門鯛の西京漬通販でも購入できるのですが、出荷時期が初夏と初冬で、1月に入ると出荷が終わります。

そのため、今の時期は入手が困難です。

鳴門鯛は渦潮(うずしお)にもまれた鳴門海峡育ちの鯛を、吉本商店の阿波の白味噌で漬け込んだ食べ物です。

お値段は5切れ4200円で販売しています。

西京漬けだったら京都のが良いかもしれません。

Sponsored Link


【10%OFF】京都一の傳・西京漬けギフトセット祇園<ぎおん>[KK-8] お中元・ 内祝い・お返し・父の日・母の日・プレゼント・お誕生日お祝いなどに。【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

青空レストン 1/9 予告


青空レストラン 1/9 予告は以下のとおりです。

高級料亭でも愛される鳴門のレンコンが最盛期!ハンバーグにフライにおでん…シャキシャキもちもちホクホク食感がたまらない!極上の鳴門タイを使った絶品西京漬けも登場!
徳島県鳴門市の名産・レンコンは、真っ白な美しさと抜群の旨さから京都の料亭などでも愛されている逸品。ホクホクの蒸かしレンコン、シャキシャキ感がたまらないピクルス、そして、フワフワに仕上げる手ごねハンバーグ…調理次第で食感は変幻自在!さらに、もうひとつの鳴門の名物「鳴門鯛」と米麹を使った甘みのある「御前味噌」をつかった絶品・西京漬けも登場!!

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。