フリーズドライ醤油 ソイソルト かめびし屋 青空レストラン 最安値

Sponsored Link

12/12放送『満天☆青空レストラン』は香川県東かがわ市の老舗醤油醸造「かめびし屋」さんの醤油と、その醤油をフリーズドライにした「ソイソルト」が紹介されます。

ソイソルトというのは、パラパラとふりかける新感覚醤油のことで、醤油味のお塩のことです。

青空レストラン ソイソルト


ソイソルトという粉末醤油が12/12放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。撮影ロケは11/30と結構キンキンのロケでした。

フリーズドライ醤油と紹介されるようですが、粉末になっている醤油のことです。

製造しているのは、香川県引田町の老舗醤油醸造「かめびし屋」さんで、日本ではここだけが「むしろ麹法」という方法で醤油を醸造しています。

ソイソルト 粉末醤油


Sponsored Link


宝暦三年創業 かめびし醤油 ソイソルト 三年醸造タイプ(100ml)

ソイソルトとは、旨味の凝縮された三年醸造の醤油を使ったフリーズドライ醤油で、お塩や小麦なども使われた調味料です。

醤油をかけるもの、たとえば納豆とか冷や奴、デザートだとアイスクリームなどでも使えそうです。

サラダ
ステーキ
魚のソテー
野菜のソテー
野菜炒め
フライ
パスタ

このソイソルトの特徴は、醤油をダブダブかけないので、やわらかい味に仕上がるということです。

ソイソルト 通販 最安値


ソイソルトは公式サイトでも通販できますが、価格はだいたいどこも同じです。

1501円(100ml)
702円(50ml)

Sponsored Link


【定形外郵便送料無料】かめびし ソイソルト 三年醸造 クリアボトル入り 50ml 1本

小さいタイプなら、送料税込880円が最安値です。

通販で買うなら4種類入ったアソートという袋入りのものが良さそうです。2g入りが12本入ったスティックタイプのことです。

Sponsored Link


かめびしソイソルト・アソート4種類タイプ (2g×12本入り)

お試しなら、色々な味が楽しめるスティックタイプは良い選択ですね。

もし、気に入れば気に入った味で瓶のものを購入すればいいからです。

かめびし屋 醤油

宝暦三年(1753年)創業の老舗です。

場所は香川県引田町にあり、「むしろ麹法」という方法で、14段にも重ねた筵(むしろ)の上で麹を醸造していき醤油を製造しています。

放送では、麹づくりからソイソルトが出来上がるまでの全工程が紹介され、醤油とソイソルトを使った料理も紹介されます。

高松からはちょっと遠いですが、蔵元では「見学コース」や「体験コース」があって、見学はひとり310円(3名以上要予約)で、体験はひとり800円(要予約)で体験ができます。

香川県東かがわ市引田2174
営業時間:10時~17時
定休日:年末年始
URL:http://www.kamebishi.com/

かめびし屋 Myしょうゆ作り体験


2015-12-12_120013

かめびし屋さんでは、Myしょうゆ作り体験も可能とのことです。

「見学コース」や「体験コース」があって、見学はひとり310円(3名以上要予約)で、体験はひとり800円(要予約)で体験ができます。

こちらは、うどんや和菓子などが食べられる食事処もやっているので、観光に良いかもしれません。

青空レストラン 12/12 予告


青空レストラン 12/12 予告は以下のとおりです。

香川県で江戸時代から262年続く伝統製法のしょう油。手作業で手間暇かけてじっくり熟成させて作られるため、旨みと香りが豊かに仕上がる。その味を楽しむなら、素材の旨みだけで勝負の讃岐名物・ぶっかけうどん。そして脂が乗ったブリに醤油を塗って丼に!更に、フリーズドライで旨みを凝縮させて塩状態にした「ソイソルト」が登場!シンプルなおにぎりにもパスタやピザにも相性抜群!キングオブコント王者のコロチキも大絶賛!

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。