レモン島 広島・生口島 10/3 青空レストラン 瀬戸田レモンケーキ

レモン島(広島・生口島 いくちじま)が青空レストラン10/3放送で紹介されます。レモン島では国産グリーンレモンが栽培されており、日本では秋から出荷開始となります。通販でお取り寄せも可能です。今回紹介されるのは「広島県尾道市瀬戸田町」のグリーンレモンです。

パティスリーオクモトの「瀬戸田レモンケーキ」と「瀬戸田レモンジャム」も紹介されます。レモンケーキは通販も可能になっています。

青空レストランで広島・生口島のグリーンレモンが紹介されます


青空レストランで広島・生口島のグリーンレモンが紹介されます

青空レストランで広島・生口島のグリーンレモンが紹介されます

10/3放送『満天☆青空レストラン』で広島・生口島で生産される「グリーンレモン」が紹介されます。今がまさになので通販するなら今のうちです。

グリーンレモンは出荷すぐの緑色のレモンのことです。輸入品と違い、出荷すぐに入手可能な国産レモンはグリーンレモンとして入手することが可能なのです。

今回の放送では「塩レモン」「サーモンマリネ」「グリーンレモンの皮を使ったかき揚げ」「チキンソテーのパスタ」といった香りを楽しむお料理が紹介されます。

広島・生口島のグリーンレモン
塩レモン
サーモンマリネ
グリーンレモンの皮を使ったかき揚げ
チキンソテーのパスタ

レモン島 広島・生口島

今回紹介されるのは「広島県尾道市瀬戸田町」のグリーンレモンと思われます。

その中でも「生口島」(いくちじま)でレモン栽培で知られており「レモン島」とも異名がついています。

広告


広島県尾道市瀬戸田町産 農薬不使用(無農薬) ノーワックス レモン 2kg 14-20個入り

「しまなみ海道」を通っていくことができるので、サイクリングで訪れる方が多いところです。そのため、自転車族にかなり優遇された施設などもありますね。

広島県尾道市瀬戸田町沢200−5
URL:http://www.ononavi.jp/sightseeing/infooffice/detail.html?detail_id=399

国産グリーンレモン

レモンは輸入品が多いですが、よく見る黄色のレモンと緑色のレモンで違いがあるわけではありません。

輸入品レモンもグリーンレモン(緑色の状態)で出荷されるのですが、輸入品で日にちが経過することで黄色になっているだけです。

国内産グリーンレモンは出荷してすぐなので緑色の「グリーンレモン」なのですが、ノーワックス品が多く、皮まで食べられるとして売られています。

特に出荷の始まる秋口はこの「グリーンレモン」なので、注文するなら今のうちになります。

愛媛県や広島県さらには和歌山県に熊本県などでも栽培されています。

パティスリーオクモト 瀬戸田レモンケーキ レモンジャム

レモン島(広島・生口島)には「パティスリーオクモト」さんという洋菓子屋さんがあります。

そこでは「瀬戸田レモンケーキ島ごころ」と「瀬戸田レモンジャム果香蜜」(お値段1080円)という商品が販売されており、今回のお取り寄せになっています。

国産レモンの果皮のみ使った「レモンジャム」を使って作られる「瀬戸田レモンケーキ島ごころ」は2015年モンドセレクション受賞となかなか素晴らしい成果をあげているご当地ケーキです。

東京では「広島ブランドショップTAU」で購入可能です。

広島県尾道市瀬戸田町中野407−29
営業時間:10時~17時
定休日:水・木曜日
URL:http://www.patisserie-okumoto.com/docs/index.html

Googleマップではやや北の建物が現時点で表示されていましたのでご注意ください。正しくは以下の場所です。

Twitterの口コミや感想


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。