スルメイカ 静岡 西伊豆町 青空レストラン 通販

Sponsored Link

青空レストランの9/12放送はスルメイカ(静岡県西伊豆町)が紹介されます。スルメイカを一本釣りして食べる回で、仁科港の仁科の昼獲れスルメイカが紹介されます。スルメイカは肉厚の甘いイカです。通販なども可能です。

ゲストは金子貴俊さんと鈴木福くんが出演します。

満天☆青空レストラン


9/12放送『満天☆青空レストラン』の撮影ロケは、静岡県西伊豆町で行われました。2014年1月11日も一度訪れており、その際は「塩鰹」が紹介されましたが、今回は駿河湾を望む仁科港で水揚げされる「スルメイカ」が紹介されます。

ゲストは金子貴俊さんと鈴木福くんが出演で、実際にするめいか一本釣りをしています。

静岡県西伊豆町

撮影ロケは仁科港で行われました。ちょうど、上の写真の場所でロケしています。

スルメイカは仁科港で水揚げされる「仁科の昼獲れスルメイカ」が知られています。

旬は6月~9月にかけて、モチモチで肉厚、そして甘いイカです。

ふるさと納税の景品にもなっており、西伊豆町の公式サイトでは「西伊豆町ふるさと納税」の募集をしていましたが、「仁科の昼獲れスルメイカ」は圧倒的人気ですでに今シーズンの受付は終了してしまいました。

来年はまた6月から募集するそうです。

URL:http://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/kakuka/soumu/gyouzai/furusato.html

仁科の昼獲れスルメイカ

仁科の昼獲れスルメイカは、肉厚で甘いスルメイカです。

静岡県西伊豆町では朝に駿河湾を出漁して、昼に獲れたスルメイカを「仁科の昼獲れスルメイカ」としてブランド化しているからです。

料理では、刺身や天ぷら、焼きイカにイカ煮込みとレシピも豊富で、今回の撮影ロケで使われた「伊豆漁協仁科支所」の近くに「沖あがり食堂」というのがあり、そこでイカ丼を食べることもできます。

静岡県賀茂郡西伊豆町仁科1956
営業時間:8時~17時
定休日:火曜
URL:http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-420/guide/nishina.html

沖あがり食堂

沖あがり食堂は、仁科港にある定食屋さんで、ここでイカ料理を食べることができます。

イカス丼が刺身イカを使った丼で620円とリーズナブルな価格になっています。

イカス丼 620円(刺身イカ)
いか様丼 720円(刺身イカ+漬けイカ)
夕日丼(漬けイカ+卵の黄身) 720円
ヤリイカ丼 1080円
マグロテールステーキ定食 800円

住所は公式表記では「西伊豆町仁科980-6」となっていますが、これだと別の場所が地図で表示されます。

正しくは、先ほどの「伊豆漁協仁科支所」と同じ場所です。

営業期間:6月~2月
営業時間:11時~14時
定休日:火曜

通販・お取り寄せ


先ほどの「仁科港 伊豆漁協仁科支所」に直売所があるので、そこで購入できますが、電話・FAXのみですが通販も可能です。

直売所は他に「松崎支所」と「土肥支所」にもあります。

昼穫れ・いか様煮 580円(2杯入り)
しわめ 500円(1袋)
天草 500円(100g)
船上沖干しイカ 900円(2枚)

電話:0558-52-0018
FAX:0558-52-0491
URL:http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-420/guide/nishina.html

まとめ


仁科港のスルメイカは肉厚で甘みのあるおいしいイカで、「仁科の昼獲れスルメイカ」としてブランド化されています。

通販はやや面倒で、現地で食べるか、仁科漁協へ連絡して取り寄せるしかありません。ただ、生のものは通販ではないようです。

東伊豆もイカの水揚げがあり、伊東港でも肉厚の真イカが水揚げされています。ただし、通販は干物になります。

Sponsored Link


【まとめてお得!!】 東伊豆・伊東港水揚 真イカ干物  3枚入  10P19Jun15

日本海のものでよければ、刺身用のスルメイカも通販はあります。

Sponsored Link


岩松水産 日本海 刺身用スルメイカ【丸ごと姿5杯】

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。