クレソン 最強野菜 青空レストラン 山梨 通販お取り寄せ等

Sponsored Link

クレソンが『青空レストラン』の8/22放送で紹介されます。今回は山梨県道志村のクレソンを紹介。実は、クレソンは「がん予防」にも効果が期待できるという栄養価最強野菜なのです。

クレソンは最強野菜とも呼ばれるほどの栄養価の高い食品で、料理のレシピも豊富な食材です。お取り寄せ通販も可能なので手軽に料理に使えます。

満天☆青空レストラン


8/22放送の『満天☆青空レストラン』は24時間テレビのスペシャル番組として放送されます。

紹介されるのは、山梨県道志村のクレソンです。

実は、クレソンは「がん予防」にも効果が期待できるという栄養価最強野菜なのです。というのも、活性酸素を無毒化するイソチオシアネートが含まれているからです。

Sponsored Link


クレソンの通販はこちらです。

クレソン

クレソンは料理の付け合わせで使われますが、栄養価の高い食品として知られています。

栄養価も高く、いろいろな料理のレシピに使えるため、ポテトサラダやしゃぶしゃぶの野菜、フライドチップスにして食べたり、チャーハンに入れたりなどの料理に使うことができます。

特にお肉との相性が良いことで知られています。お肉とクレソンを炒めるだけでも料理が出来上がりです。

サラダ
炒め物
おひたし
揚げ物

最強野菜クレソン


クレソンが注目されるのは、その栄養価の高さです。

もともと生薬として漢方に使われていたものですが、ビタミンやミネラルが多く含まれるため、栄養価の高い食材としても注目されています。

また、ビタミンBが豊富であるため、美容食品として粉末になったものも売られています

ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

亜鉛

カロチン
ビタミンE
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンC
ナイアシン
葉酸

オランダガラシ


クレソンは別名「オランダガラシ」とも呼ばれます。

アブラナ科で日本でも自生していることがありますが、プランターなどで栽培することができるので、LEDライトなどを使って室内栽培をする方もいらっしゃいます。

Sponsored Link


ウォータークレス/クレソンの栽培セット/プランターホワイト/液体肥料付き(豊作セット)ベランダガーデニングで楽しもう!

日本では明治時代に外国人宣教師や在留外国人が持ち込んだことで普及し、少しぬかるんだ土地や池の近くなどで自生するようになりました。

今では全国的に見られ、食品としても1年中流通しています。

クレソンの味


クレソンの味はやや刺激のあるピリッとした辛味があり、独特の香りがあります。

そのため、洋食の付け合わせとして使われてきましたが、最近では栄養価が見直されて、料理に使われるようになりました。

その辛味のため、脂っこいお肉のお口直しに相性が良いとされています。

クレソンの通販お取り寄せ


クレソンは通年、スーパーなどで販売されているので入手しやすい野菜です。

値段は1袋(100g)で200円ほどです。

Sponsored Link


クレソンの通販はこちらです。

クレソンの産地 山梨県道志村

山梨県道志村は「日本一の水源の郷」とも言われ、水のおいしい地域です。

そのため、半水生のクレソンに最適な気候・風土を持っているため、昭和49年頃に水耕栽培が忍野村(おしのむら)で始まったのが最初です。

忍野村には「忍野八海」という富士山の湧き水が貯まる透明度の高いことで有名な湧水池があるなど、おいしいクレソンの栽培に適していたといえます。

クレソンまとめ


ピリッと辛い野菜ですが、漢方の生薬として使われてきたように栄養価が豊富。

美容野菜としても知られていますが、洋食の付け合わせとして見かける野菜です。

肉との相性も良いのですが、サラダ・炒め物・おひたし・揚げ物など、いろいろな調理にも使える万能野菜です。

入手は地元のスーパーなどで可能、通販でお取り寄せをすることもできます。

Sponsored Link


クレソンの通販はこちらです。

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。