短角牛 青空レストラン 8/15 岩手県久慈市

2015年8月15日放送『満天☆青空レストラン』で「短角牛 たんかくぎゅう」が紹介されます。短角牛は日本短角種という種類の牛で「いわて短角牛」が知られています。平たくいうと「赤べこ」です。短角牛のお取り寄せ通販はさほど難しくありません。

短角牛よりも赤べこって言われた方がわかりますよね。いわゆる脂肪(サシ)の少ない赤身肉が特徴の牛肉です。

岩手の名産「短角牛」が『満天☆青空レストラン』で紹介


岩手の名産「短角牛」が『満天☆青空レストラン』で紹介

岩手の名産「短角牛」が『満天☆青空レストラン』で紹介

2015年8月15日放送の青空レストランでは岩手県の名産「赤べこ 短角牛」が紹介されます。

今では和牛流通量全体の1%程度しか流通していないということで「幻の牛肉」とも言われ、今回のロケでは岩手県久慈市まで行き「いわて短角牛」でお料理するなどの撮影ロケが行われました。

撮影は7/28頃に行われたようで、岩手県の二戸で宮川大輔さんとはるな愛さんが目撃されていました。

予告では岩手県久慈市となっていますが、お料理ロケなどは久慈市で、実際の牧場ロケなどは山の方の岩手県二戸市で行われたと思われます。

いわて短角牛 岩手県久慈市

いわて短角牛」は岩手県で流通していますが、今では和牛の流通量の1%程度しか売られていないことから「幻の牛肉」とも言われています。

日本短角種という種類の牛のことで「いわて短角牛」としてブランド化もされていますが、古い方だと「赤べこ」という方がわかりやすいかもしれません。

昔は結構「赤べこ」というブランド牛の広告が流れていたりしましたが、最近は聞かなくなりました。それも、サシ(脂の霜降り)の多い和牛がグルメ的に好まれるようになって、赤身肉は海外の安いものが輸入されるようになったからです。

脂肪の部分(サシ)が少ない赤身肉のことで、日本人好みというよりも欧米人が好きそうなお肉です。

とはいえ、岩手であれば「道の駅いわいずみ」などでも入手可能で、通販でも結構入手可能だったりします。

「道の駅いわいずみ」では、レストランに「短角牛ステーキ定食」などのメニューもあります。

岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂乙茂90−1
営業時間:8:30~17時
定休日:年中無休

短角牛 お取り寄せ通販

いわて短角牛お取り寄せ通販はさほど難しくありません。

ただ、全体としては和牛流通の1%程度なので、見ることは少ないと思います。

短角牛で調べれば、岩手県産の赤身肉がたくさんヒットします。

Twitterの口コミや感想


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。