【へしこ通販】伝統食材「へしこ」(福井県美浜町、満天青空レストラン)

Sponsored Link

4/18放送『満天☆青空レストラン』では「へしこ」が紹介されます。「へしこ」とは福井県から鯖街道を通って関西などの台所に届けられた「サバの糠漬け」(ぬかづけ)です。福井県美浜町でロケしています。

私の家の近くにも「鯖街道」があり、昔は福井県(日本海側)から京都までわずか1日で歩いて届けていました。

Sponsored Link


初味本店「越前へしこバター&越前へしこチーズセット」


↑ 今回紹介された初味本店「越前へしこバター&越前へしこチーズセット」です ↑

福井県美浜町の伝統食材「へしこ」(鯖の糠漬け)


4/18放送『満天☆青空レストラン』では、福井県の「へしこ」が登場します。実は、2011年にも一度紹介されています。

福井県若狭町や美浜町では、昔から「へしこ」(鯖の糠漬け)が作られてきました。昔の保存食(発酵食品)です。

これは、保存期間を延ばすための工夫で、ぬか漬けにするため、独特の風味があります。これを焼いて、お酒のツマミにしたりします。

若狭湾で取れた海の幸は、この若狭湾から保存に適した形で、京都まで徒歩で鯖街道を通って運ばれてきました。

Sponsored Link


●TVで話題![福井の名産品]鯖のへしこ/姿800g前後(400前後×2本)[送料無料]伝統珍味/サバの糠漬けへしこ(さば/サバ/鯖/へしこ/ヘシコ/さばのへしこ/鯖のへしこ/ぬか漬け/ヌカ漬け)[北陸/福井/福井県 へしこ]【楽ギフ_のし】

楽天でも通販可能です。

最近では、とうらぶのへし切り長谷部がよく知られています。(嘘)

御食国(みつけくに)から届く「へしこ」

この辺は、「御食国」(みつけくに)と呼ばれてきました。

そのため、若狭の食べ物はブランド品として珍重されており、京都まで1日かけて歩いて食材を届ける道「鯖街道」が発展します。

「御食国」(みつけくに)とは、朝廷に食べ物を献上することを許された国のことで、福井県の若狭地方は「御食国」とされてきました。

丹生酵房・へしこ丸(にゅうこうぼう へしこまる)

今回のロケは、たぶん「日向湖」付近の船小屋から行われていると思います。

どうやら、「新谷旅館」さんの女将さんが出演されるようです。上の小屋で、生産されています。

生産されている「へしこ」は、「丹生酵房・へしこ丸」で生産される「へしこ」(まるへのへしこ 赤まるへ)というものです。

店主:新谷旅館 新谷富子(しんたにとみこ)さん(女将の会)
福井県三方郡美浜町丹生47−10

京都市内に残る若狭街道


2014-06-12_175244

上の写真は、実際の「若狭街道」です。

私もかつて、鯖街道をたどって京都から福井まで行ったことがあります。もちろん、古道ではなく、今の一般道です(笑)

現在の国道27号や国道367号に「鯖街道」の名残りが見られます。この道を福井県から24時間歩き続けて京都まで食材を運んできたのです。よくよく考えるとすごいですよね!

2014-06-12_180923

実際には、山奥にあるけもの道です。

昔の方は、こういうところを通って、日本中に商品を流通させていました。

詳細はこちらの記事でご覧ください。

へしこ寿司

へしこを炙って、ごはんで食べると非常においしくいただけます。

お弁当のおかずでもいけます。

発酵食品なので好き嫌いはあるのですが、一度食べてやみ付きになります。

Sponsored Link


鯖へしこ焼きほぐし

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。