【アスパラひつじ】4/4『満天青空レストラン』では西川農場アスパラで育った絶品ラム肉「アスパラ羊」を紹介(北海道美唄市、通販停止中)

Sponsored Link

4/4放送『満天青空レストラン』では、アスパラで育った絶品「アスパラ羊」が紹介されます。それも、志村けんさんがゲストです。

北海道美唄市(びばいし)にある「西川農場」さんで育つ「アスパラを食べて育った アスパラひつじ」はラム肉特有のくさみのない絶品羊肉です。他にも「北海地鶏」を扱っています。

4/11放送「ホッキ貝」(ホッキガイ)の回はこちらです。

アスパラで育った絶品ラム肉「アスパラ羊」(あすぱらひつじ)の西川農場

Sponsored Link


【生】で食べられる!北海道富良野産 グリーンアスパラ 【SサイズからLサイズ込1kg】 【送料無料】【10P30May15】

「アスパラひつじ」は、地元北海道美唄市(びばいし)の特産品であるアスパラガスを食べて育った羊肉(ラム肉)のことです。アスパラガスは5月下旬から出荷されますが、そのアスパラガスを食べて育つことで、アミノ酸を多く含んだ貴重なお肉です。

特に、国産羊肉自体が希少なのですが、この「アスパラひつじ」自体が100頭前後しか育てられていないために、なかなか入手することができません。

アスパラは5月下旬から収穫が始まるため、夏の食べ物です。そのため、収穫できない冬の期間は「アスパラサイレージ」といって、夏に収穫したアスパラを米ぬかとフスマで漬けたものをヒツジに与えています。

ほとんどが料理店などに出荷されるようで、通販などでラム肉を入手するのは難しいようです。

Sponsored Link


【送料無料!お試しセット】ジンギスカン・ラム肉セット(4種類 計900g)【お一人様一セット限定】☆肉の青山人気トップ3☆【楽天ランクイン】=(焼肉 肉 焼き肉 バーベキュー BBQ バーベキューセット)

北海道美唄市西5条北6丁目5番10号
URL:http://nishikawafarm.com/
Twitter:https://twitter.com/NishikawaFarm

URL:http://www.ntv.co.jp/aozora/
お取り寄せ情報:http://www.ntv.co.jp/aozora_shop/

ネットショップもありますが、現在売り切れとなっています。販売されるものも少数です。Twitterをチェックしていると、販売状況がわかります。

Sponsored Link


北海道ジンギスカン 厚切り生ラム肩ロース 1000g(500g×2) 特製たれ付

地元のパン屋さん「ベーカークラブ」の「アスパラひつじバーガー」

地元のレストランなどに出荷されている「アスパラひつじ」ですが、お気軽に食べられるのが米粉100%のパンズで挟んだハンバーガー「アスパラひつじバーガー」です。

地元のパン屋さん「ベーカークラブ」さんで販売されているようですが、直近では確認できませんでした。

他にも「アスパラひつじ」を使った商品があり、「アスパラひつじ肉まん」というのも、美唄市「エビナスクエア」にある「エリアホープ」さんで販売されていましたが、現在確認できません。

北海道美唄市東2条北3丁目2−19
営業時間:
定休日:
URL:http://www.bakerclub.jp/

東京でも「アスパラひつじ」が食べられる!八王子「羊羊(メイメイ)」

地元では「アスパラひつじ」を使ったお料理店は多いようですが、東京でも八王子にある「羊羊(メイメイ)」さんでレアステーキを食べることができます。

ランチだと、上ラム、野菜盛り、キムチ、スープ、ご飯ついて900円(アスパラひつじかは不明)で食べることもできるようですが、アスパラひつじを食べるなら夜に確認して行ったほうがよさそうです。

東京都八王子市中町1‐11
営業時間:17時から翌1時(平日)、11:30から24時(土日祝)
定休日:なし

東京でも「アスパラひつじ」が食べられる!練馬区石神井「喰酔たけし」

東京では、練馬区石神井にある居酒屋「喰酔たけし」さんでも「アスパラひつじ」を扱っています。

東京都練馬区石神井町3丁目17−15 ケーワイビル 2階
URL:https://www.facebook.com/kusui.takeshi

Sponsored Link


肉の山本 北海道産 知床どり鍋セット 【まち楽_B級グルメ_メディア】

その他の「青空レストラン」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。