笠戸ひらめのコンフィ @下松市笠戸島 緑のライトで育つヒラメ『満天☆青空レストラン』で紹介

山口県下松市笠戸島で養殖されているブランドひらめ「笠戸ひらめ」が『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。この「笠戸ひらめ」は緑のライトを当てて養殖されたものなのですが、そうするとこで成長スピードが速くなるのだとか。ほかにも楽天市場で通販可能な「笠戸ひらめのコンフィ」も紹介されるそうです。

緑のライトで養殖するヒラメ「笠戸ひらめ」が『満天☆青空レストラン』で紹介


緑のライトで養殖するヒラメ「笠戸ひらめ」が『満天☆青空レストラン』で紹介

緑のライトで養殖するヒラメ「笠戸ひらめ」が『満天☆青空レストラン』で紹介

山口県の下松市笠戸島(くだまつしかさどじま)で養殖されているブランドひらめ「笠戸ひらめ」が2020年10月10日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。

ふっくら肉厚なヒラメで、緑のライトを当てて養殖するとヒラメの成長が早くなるという特性を利用して養殖されているという珍しいヒラメでもあります。

番組では、北里大学の海洋生命科学部の高橋明義教授(増殖生物学)が出演し、緑のライト(緑色LED)を当てて養殖するとヒラメの成長が早くなることについて解説するそうです。

ちなみにヒラメは緑色のライトを当てるとエサをたくさん食べるようになるそうです。そのため、大きく身がプリプリとしたヒラメに育つのだそうです。

この投稿をInstagramで見る

山口県下松市の特産物ヒラメ✨ 笠戸島にはヒラメの養殖場があって、餌やりもできます😊うじゃうじゃいて気持ち悪いくらい…笑 魚のタッチプールもあって、さかなクンになりたい甥っ子は大喜び🐡 ヒラメのお刺身は本当に美味しい🎵🎵 10/10の「満天☆青空レストラン」にも出るみたいです~📺️ #山口県 #下松市 #笠戸島 #下松市栽培漁業センター #島 #魚 #養殖 #タッチプール #餌やり #ひらめ #笠戸ひらめ #特産物 #子供 #喜ぶ #楽しい #遊び場 #学び場 #魚好き #さかなクン #テレビ番組 #満天青空レストラン #調理 #料理 #美味しい #美味しい魚 #おでかけ #地元 #活性化 #地産地食 #漁業

Kanae.i(@kanae32987)がシェアした投稿 –

山口県下松市笠戸島

山口県下松市笠戸島

笠戸ひらめは下松市栽培漁業センターで養殖されています(販売も行われています)。

肉厚ヒラメで、コリコリとした食感と濃厚な旨味が特徴的ですが、食べられているのは(ほぼ)下松市内だけなのだそうです。

でも、この「笠戸ひらめ」で作った「笠戸ひらめのコンフィ」は楽天市場で通販可能だったりします。

これ、2020年10月10日放送の『満天☆青空レストラン』で一緒に紹介されるとのことでした。

笠戸ひらめのコンフィ は楽天市場で通販可能

山口県下松市笠戸島で養殖されたブランドひらめ「笠戸ひらめ」で作ったのが「笠戸ひらめのコンフィ」です。

ごはんのお供や、お茶漬けの具にしたり、パスタやパエリアにアヒージョなどに使うことができる「ひらめをほぐしたコンフィ」になっています。

味付けは醤油とゴマ。

長期保存できるように食用ひまわり油で瓶詰された商品です。

値段は100g瓶で税込み1680円、それに別途送料が必要ですが、入手が難しい「笠戸ひらめ」を手軽にお取り寄せできる商品です。

満天☆青空レストラン 2020年10月10日 予告


満天☆青空レストラン 2020年10月10日 予告は以下の通りです。

光とエサにこだわった驚きの肉厚養殖ひらめ!お家でマネしたいパエリア風釜飯&ニンニク味噌のホイル焼き▽パスタに相性抜群!お取り寄せしたいひらめコンフィの瓶詰めも


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。