あいち鴨 @愛知県豊橋市 鳥市精肉店のブランド鴨肉が『満天☆青空レストラン』で紹介

国内屈指のブランド鴨「あいち鴨」が2020年8月1日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。羽田発のJAL国内線ファーストクラスの機内食で採用されるなどする高級な合鴨肉のことで、生産は愛知県豊橋市「鳥市精肉店」のみ。1日に70羽しか生産できない超希少な鴨肉です。

鳥市精肉店のブランド鴨肉「あいち鴨」が『満天☆青空レストラン』で紹介


国内屈指のブランド鴨「あいち鴨」が『満天☆青空レストラン』で紹介

国内屈指のブランド鴨「あいち鴨」が『満天☆青空レストラン』で紹介

2020年8月1日放送の『満天☆青空レストラン』で、国内屈指のブランド鴨「あいち鴨」が紹介されるそうです。

あいち鴨といえば、G20の晩餐会で各国外相に振舞われた食材であり、国内線JALのファーストクラスでも採用されているという超高級鴨肉ブランドのことです。

エグ味や雑味が一切ない上質なお肉で、脂の融点が26℃ととても低いので、口の中でとろけていき身体の中に貯まらないのが特徴。

生産しているのは農業王国の愛知県豊橋市。

紹介される生産者は豊橋で創業して87年という老舗精肉店で、独自農場で「あいち鴨」を生産している・・・・

鳥市精肉店

です。

あいち鴨 ってどんな鳥?

あいち鴨というのは、いわゆる鴨(カモ)のことですが、一般的にはカモとアヒルのあいの子である「合鴨」のお肉のことです。

2019年11月22日に名古屋市の料亭「河文」で行われたG20外相夕食会にて、日本の外務大臣が各国外相に振舞ったというお肉。

その時は「名古屋コーチン、三河牛、あいち鴨」が提供されたそうで、国内屈指のブランド肉のひとつとも言えるのが「あいち鴨」です。

エグ味・雑味がまったくない上質な肉質で、それでいてジューシーというのが特徴。

脂の融点が26℃と低く、口の中でとろける高級肉です。

生産しているのは東小田原町の精肉店「鳥市精肉店」で、創業して87年という老舗です。

あいち鴨というブランドは、この「鳥市精肉店」でしか食べることができず、生産から販売まですべて鳥市精肉店で行われています。

1日で最大70羽までしか生産できないそうですが、2019年6月には羽田発のJAL国内線ファーストクラスの機内食にも採用されている実力のあるブランド肉なんです。

ただ、楽天市場で「あいち鴨」を使ったハムの販売は行われていました。

あいち鴨 はどこで食べられる?


青空レストランで紹介される料理に合わせてレシピも一緒に公開(鳥市精肉店の公式通販)

青空レストランで紹介される料理に合わせてレシピも一緒に公開(鳥市精肉店の公式通販)

番組では「あいち鴨のすき焼き」が紹介されるそうですが、この「あいち鴨」はどこで食べることができるのでしょうか?

公式には鳥市精肉店が精肉を卸している東京と神奈川にある飲食店であるとされています。

鴨一ワイン酒場SUN(東京都台東区上野)
鴨屋SUN(東京都中央区日本橋)
バームハウスSUN(神奈川県川崎市川崎区)

いずれの3店舗も同じ運営元であり、食べるのは相当な門の広さでもあると言えます。

ただし「鳥市精肉店の公式通販サイト」からお取り寄せが可能なので、お肉自体を購入することは可能です。

お値段は1本300gのモモ肉が4本セットで税込み4000円ほど。

青空レストランで紹介される料理に合わせてレシピも一緒に公開されていました。

満天☆青空レストラン 2020年8月1日 予告


満天☆青空レストラン 2020年8月1日 予告は以下の通りです。

脂がトロける極上のブランド鴨肉!!レバニラ&すき焼き
G20晩餐会やJALファーストクラスで採用される極上あいち鴨!!皮はパリっと、中はしっとり炭火焼き&スタミナたっぷりレバニラ&つみれ汁&唐揚げ&味噌すき焼き


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。