富士の介 @ 忍沢養殖場(山梨県)サーモン界のニュースター『満天☆青空レストラン』で紹介

山梨県の新たなブランド魚「富士の介」が2020年3月28日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。体長60cmほどで値段は1本6600円ほどと高価な魚です。楽天市場では切り身(漬け)が4980円(税込み)+送料で販売されています。

山梨県の新たなブランド魚「富士の介」が『満天☆青空レストラン』で紹介


山梨県の新たなブランド魚「富士の介」が『満天☆青空レストラン』で紹介

山梨県の新たなブランド魚「富士の介」が『満天☆青空レストラン』で紹介

2020年3月28日放送の『満天☆青空レストラン』で、山梨県富士川町で養殖されている珍しい魚が紹介されるそうです。

その食材とは「富士の介(ふじのすけ)」で、10年かけて交配させた新しい種の魚です。

山梨県はイワナ・ヤマメの生産量が全国2位、ニジマスの生産量は全国3位というところですが、そのニジマスにキングサーモンを交配させて誕生したのが「富士の介」です。

2019年に市場デビューをした新しいブランド魚で、今回の放送では「忍沢養殖場(にんざわようしょくじょう)」さんで養殖されている富士の介が紹介されるそうです。

ちなみに、キングサーモンは和名で「鱒の介(ますのすけ)」と呼ばれる魚で、美味しい魚ですが養殖が難しく日本でも養殖事例がほとんどありません。

しかし、それに育てやすい魚である「ニジマス」を掛け合わせて誕生したのが「富士の介」です。

養殖しやすく美味しい魚で、サーモン独特の臭みがないので食べやすい魚。

値段は3年育てた体長60cm程度のもので、1本が6600円ほどと高価ですが、楽天市場で切り身(漬け)を通販することもできます。

楽天市場で買える富士の介

この山梨県富士川町の忍沢養殖場で養殖されている「富士の介」の切り身(柚庵漬け、甘塩仕立て)が楽天市場で通販できます。

柚庵漬けが2枚、甘塩仕立てが2枚のセットで、値段は4980円(税込み)+送料で購入することができます。

キングサーモンの鮮やかな赤身でありながら、サーモン独特の臭みがない魚です。

忍沢養殖場の隣にある加工場で加工されているので鮮度が良い状態で、通販では楽天市場でのみ販売されていました。

満天☆青空レストラン 2020年3月28日 予告


満天☆青空レストラン 2020年3月28日 予告は以下の通りです。

10年かけ生み出したサーモン界のニュースター!富士の介
南アルプスの恵みで育てる新サーモン!濃厚な脂のキングサーモンと、ニジマスを掛け合わせて生まれた旨味抜群の「富士の介」!寿司・豆乳鍋・タルタルフライ・ガリバタ炒め


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。